KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

PT 印旛沼でうなぎを食べよう!(2019年06月01日)

本日の旅はうなぎを食べるという目的から始まった。 成田・潮来と来て、時刻は12時だ、そろそろお昼を食べなければ! 今日のお昼は予定通りに『うなぎ』だ。

PT 水郷潮来あやめまつりに行こう!(2019年06月01日)

「水郷潮来 あやめまつり」へ行こう! 初めての訪問となる、天気はよいがあやめの開花期だけが心配であるが・・・。

PT 成田さくらの山公園に行こう!(2019年06月01日)

今日は、「潮来のあやめまつり」に行くことにした、 きっかけは印旛沼のうなぎを食べることであった、それだけでは終わらないのがKITだ。 そこに「成田市さくらの山公園」を追加した。

PT 大淵笹場茶畑に行こう!(2019年05月25日)

本日は由比の旅だ、 さった峠の散策、桜エビの昼食と大満足、ここで横浜に帰っても良いぐらいなのだが・・・。 これだけ晴れていると、もう少し富士山を見たくなってくる。 では、どの富士山を見る?

PT 薩埵峠を歩き、桜エビを食べよう!(2019年05月25日)

薩埵峠に行くのは通算4回目だろうか? 歌川広重の東海道五拾三次 由比・薩埵嶺のあの光景が広がっている。 『やはり、好きなんだな〜、ここが。 』

PT 富士川橋梁で新幹線を撮ろう!(2019年05月25日)

本日は『桜エビの天日干し』を見に来た、一応は念願叶い、ミッション達成となった。 その近くには東海道新幹線が走っている、行ってみようではないか!

PT 由比で桜エビの天日干しを見よう!(2019年05月25日)

「何回も行きたいと思える旅先及び観光地はありますか?」 いきなり質問で始まる旅日記! 私なら、神奈川なら鎌倉、 関東外であれば越中八尾であり、さらに近場なら由比と答えるのだろうか・・・。

PT 行方に行こう!(2019年05月24日)

念願のナーバ流しを見学して、大満足のKIT!! 時刻は12時過ぎである。 少しだけ行方市をドライブしようと思う。 『マンガの最終回後の後日談』的な心持ちだ。 行方市粗毛(ほぼけ)には「上羽神社」という場所がある。 国道355号線沿いにあり、近くの空…

PT ナーバ流しに行こう!(2019年05月24日)

とうとうこの日が来た! 本日は、5月24日(金)だ。 どうにか有給をもらい、出発の日を迎えた。 では言おう! 本日は「ナーバ流し」の日だ!!

PT 照姫まつりに行こう!(2019年05月19日)

本日はまたっりと散策して行こう! 目覚ましをかけずに起床、時間を気にしない日も良いものだ。 今回の目的地は石神井公園だ、初見で読める人はいない、 『しゃくじいこうえん』という。

PT 西向天神社の例祭に行こう!(2019年05月18日)

普段、土日は休みなのだが、本日は出勤していた。休日出勤なので仕事が終わればおわり、とっとと終わらせ、祭りに行きたい。 本日は鹿踊り・大道芸が東京のど真ん中で行われる ということでとっても楽しみにしている!

PT 成田山平和大塔まつり奉納総踊り に行こう!(2019年05月11日)

本日は、成田山新勝寺で『成田山平和大塔まつり奉納総踊り』が行われる。 1984年4月の弘法大師1150年の御遠忌にあたり、世界平和と万民の幸福を祈願して建立された「成田山平和大塔」の落慶を記念して始められた。 という。

PT 東峰神社に行こう!(2019年05月11日)

本日は4時に起き、6時過ぎには自宅を出発した。 横浜駅6時40分、成田エクスプレスに乗車する、向かう先は空港第2ターミナル駅だ。 本日は晴れ、成田には何度か行っているがほぼ曇の日だった。 今回は天気よりも風向きが重要となるのだが・・・。 少しばかり…

滋賀の旅③すし切り祭り編(2019年05月05日)

滋賀2泊3日の旅も最終日となった。 3日目は寂しいような、家に帰れてホッとするような2つの性格が入り混じる日だ。 この二律背反を感じる最終日の祭りは、『すし切り祭り』だ。

滋賀の旅②・伊庭の坂下り祭り編(2019年05月04日)

滋賀の旅・2日目の主戦場は能登川となる。 あまり馴染みのない地名かもしれない、かく言う私も今回初めて知った地名だ。 何か観光資源があるのか? 『多分ない!』 『失礼なことを言ってスイマセン。』 いや、あるだろう、伊庭の坂下し祭りだ。

滋賀の旅①・鍋冠祭り編(2019年05月03日)

『令和』最初の旅行は、滋賀の旅となった。 もちろん、滋賀旅行と新元号は全く関係はない。 5月初旬に滋賀では奇祭や神事が行われる、それを見にいくことが本旅の目的だ。 (1)5月3日・鍋冠祭り(滋賀県米原)【なべかむりまつり】 (2)5月4日・伊庭の坂…

PT 光明寺寺宝展に行こう!(2019年05月02日)

ゴールデンウィークの中日といってよいのか、5月2日である。 どこかに行きたいけど、明日から滋賀旅行だ、なら近場に行こうか・・・。 そういう時には『光明寺に行こう!』 私の中では簡単なロジックだ。 鎌倉を代表する山門である。 (神奈川県鎌倉市材木…

PT 宇宙の神秘・曜変天目を見に行こう!(2019年04月29日)

本日は静嘉堂文庫美術館に行くことにした。 ここは一般の人はあまり知らない美術館かもしれない、 世田谷美術館はそれなりに有名であると思うが。 (違う?) 静嘉堂文庫は、横浜から行くとなると結構面倒な場所なのだ、 最寄り駅は東急田園都市線・大井町線…

PT 館林つつじ祭りに行こう!(2019年04月28日)

この時期は藤とつつじが最盛期を迎える、 それを一度で2つ楽しめる場所(地域)があるのだ、それは・・・。 足利と館林だ。 (これが意外に近い距離にあるのだ。) 本日の午前中は『足利フラワーパーク』を散策、『 藤 』を楽しんだ、 次は『館林つつじが岡…

PT 足利フラワーパークに行こう!(2019年04月28日)

いつかは行ってみたいと思う場所がある。 その1つが『足利フラワーパーク』、もちろん、目的は『藤』だ。 しかし藤の最盛期は、知っての通り、ゴールデンウィークだ。 『藤よ、なぜゴールデンウィークなのだ?』と語りかけてしまうほどに(笑)

PT 諏訪湖に行こう!(2019年04月17日)

『以前行った観光地にまた行く。』 近場ならそういうことはあるだろう、だが200キロ離れた場所ならどうだろうか? 今回の旅は諏訪である、約1年3ヵ月前に行ったばかりの場所だ。

PT 一葉桜おいらん道中に行こう!(2019年04月13日)

本日は群馬県・館林に行き、『狸・狐』と楽しんできた。 そして東武線特急で浅草まで戻ってきたが、まだ横浜へは帰れないのだ。 少し疲れた体には浅草の混雑はややつらい。 駅から15分ほど歩くのだが、浅草寺のさらに裏、浅草観音裏に向かっている。 4月第2…

PT 宇宙よりも近い茂林寺・館林に行こう!②きつね編(2019年04月13日)

群馬県館林市に来ているのだが、 まずは茂林寺を参拝、たぬきのお寺として有名であり、あの分福茶釜の舞台でもある。 横浜からは少しばかり遠いのだが、おススメできる場所だ。 【館林駅からの眺め・上州の山々が見える】 次に向かったのは、お隣りの駅・館…

PT 宇宙よりも近い茂林寺・館林に行こう!①たぬき編(2019年04月13日)

『聖地巡礼』という言葉がある、複数の意味があるのだが、 アニメや漫画の舞台にいくことを聖地巡礼と言う。 源頼朝や畠山重忠や上杉鷹山公のゆかりの地に行くなどは聖地巡礼とは言わないのだろうか・・・・・と一考。 今回は館林に行くのだが、目的は『茂林…

PT かなまら祭りに行こう!(2019年04月07日)

とうとう来てしまった・・・・この日が。 神奈川県の奇祭の日、いざ川崎大師へ!! 湯河原から特急踊り子で川崎へ! そこから京急大師線に乗り川崎大師駅に向かう。

PT 土肥祭りに行こう!(2019年04月07日)

土肥祭の開催日は4月第1日曜日、 ということは、今年の開催は2019年は4月7日だ。 さて、『土肥祭り』とは? 湯河原の英雄・土肥実平公をしのぶ祭りと理解してもらおう。

PT 甚六桜を見に行こう!(2019年04月06日)

春といえば桜、桜といえば花見だ。 日本人であれば、桜というと感慨深いものがあるだろう。 桜とは、なんて華やかで春めいたものだろう、 そんな桜であるが、何種あるかわかるだろうか? 600種まで確認されているというから驚きだ。 今日は甚六桜を見に行こ…

2018春・三都物語【岐阜川辺町・桶川まつり編】(2019年04月01日)

4月1日はエイプリルフールだ、そして『桶川まつり』の日でもある。 本日の目的はこの祭りを見ることだ。 また、この三都物語の締めくくりに相応しいだろう。 長良温泉・十八楼を出発する!!! 『本当にいい旅館だった~!!!』 とても名残惜しいが『オレ…

2019春・三都物語【奈良吉野・蔵王大権現様参拝編】(2019年03月31日)

本日は4時に起床、平常運転だ。 (旅行時はいつも目が覚めてしまう・・・なんで?) 『京都・奈良・岐阜の旅』の2日目、スタートだ!!

2019春・三都物語【京都山科・はねず踊り編】(2019年03月30日)

この日が来た、輪島以来の旅行記だ。 旅の題は『春の三都物語、京都・奈良・岐阜の旅』とした。 かつての日本の中心地であった土地たちだ(?) 京都では山科、奈良では吉野、岐阜では川辺町がメインとなる。 『川辺町?』 まあ、ツッコミは無しで! では1日…