読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

小串・毛無峠に行こう【5回目】

小串鉱山・毛無峠

2010年6月5日

小串鉱山跡、毛無峠には、これで5回目の訪問となります、結構来たものだな・・・。

通行止めが解除され、早々に訪問となった、山の天気は変わりやすい、どうなることか。

下界の天気が晴れでも、山に霧がでることは多々ある。

 

※この地区は標高が高く、積雪の為、冬季は道路が封鎖されます、

5月上旬から通行止めが解除され、11月中旬には再び通行止めとなり、再び春を待つこととなる。 

f:id:turumigawa915:20161001214225j:plain

霧がでていたよ・・・・、どうしたものか。

でもここまで来た以上は撤退は無い、霧は晴れるもの。

f:id:turumigawa915:20161001214314j:plain

上にも霧が展開。霧は晴れるもの。山の知識は無いKITだが、そう信じるのだ。

 

f:id:turumigawa915:20161001214250j:plain

やはり寒いんだな、積雪が残っている。

冬季は一面が雪に覆われるのか、それはそれでキレイだと思う、見てみたいな~。

 

f:id:turumigawa915:20161001214729j:plain

御地蔵堂が見えてきた、何回目の光景だろう。

 

f:id:turumigawa915:20161001214750j:plain

家から持ってきたおにぎりを食べるが、霧が気になり、なんか落ち着かない。

早々に食べ、天上に戻ることにした。

 

f:id:turumigawa915:20161001215707j:plain

霧が降りてきた、「やばい・やばい」

足が自然と早くなる、先は見えないが近場は見える、大丈夫だ。

 

f:id:turumigawa915:20161001215733j:plain

いつものところで撮影。

数時間もすれば霧は晴れると思うのだが。

 

f:id:turumigawa915:20161001215750j:plain

霧と雲が入り乱れている、戻るか。

さぁ、毛無峠を脱出だ!!

 

f:id:turumigawa915:20161001215811j:plain

こんな調子では、霧が晴れるのは何時間後か・・・。 

 

こんな感じで5回目は終わった、山の天気はホントわからん。

次はどうなるか、次に期待。

 

第5回小串・毛無峠訪問 完。