KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

いざ、山口へ!! 2日目

2015年9月28日

山口旅行、2日目スタート。

朝からトヨタレンタカーでヴィッツを借りる、国道191号線をひたすら北上するのだ。

左側に海が見えたり、隠れたり、楽しいドライブが続く。

 

f:id:turumigawa915:20160923225651j:plain

角島に到着。

噂に違わない綺麗さだ。ずーと見ていたい、そんな青さである。

 

 

f:id:turumigawa915:20160923225900j:plain

言葉はいらない、素晴らしい。 このとき時刻は10:20。

日本海は海がきれいなところが多い、昔はそれが以外だった。

角島大橋を渡り、少しの島ドライブ、でもすぐにUターン、さぁ最大の目的地へ。

 

途中、寄り道をしつつ、1時間30分ほどかけて、仙崎へ。

仙崎を通過して、念願のかの地へ。

 

f:id:turumigawa915:20160923230344j:plain

波の橋立である!!

ここに来たかった・・・。ようやく来れた。

 

f:id:turumigawa915:20160923230514j:plain 

f:id:turumigawa915:20160923230531j:plain

波の橋立の道

金子みすゞが「仙崎八景」として読んだ「波の橋立」。

 

f:id:turumigawa915:20160923230823j:plain

なんとも言えない風景、すばらしい。

でも、周りには人が全くいない、人がいない世界のようで、不思議な気持ちになった。聞こえるのはトリの声だけ、なんのトリだろう・・・。

 

f:id:turumigawa915:20160923231041j:plain

5分ほど車を走らせ、波の橋立のビューポイントへ、金子みすゞの詩もありました。

丹後の天橋立ほどの派手さはないが、これはこれで素晴らしい、なごむな~。

名残惜しさもありつつ、次のスポットへ。

 

仙崎の町に戻る形で、王子山公園へ。ここは駐車場が少ない、でも平日だし大丈夫でした。

f:id:turumigawa915:20160923231704j:plain

王子山から見た仙崎の町。(徒歩2分・・・)

ホント、絵になる町だ、ため息しかでない。   でも何かに似てるな~。

 

f:id:turumigawa915:20160923231956j:plain

 これだ!!

 

f:id:turumigawa915:20160923231717j:plain

いい!!

 

青海大橋(上の写真中央の橋)を下り、仙崎の町へ入る。

無料駐車場に止めて、仙崎の町、散策開始である。

 

まずは、金子みすゞ記念館へ。

f:id:turumigawa915:20160924001528j:plain

金子みすゞ記念館 - 長門市ホームページ 

金子みすゞ記念館f:id:turumigawa915:20160923232425j:plain

金子みすゞの書斎とのこと。

 

童謡詩人・金子みすゞについて、すこしだけ。
金子みすゞ(本名テル)は、明治36年に長門市仙崎に生まれた。

20歳から童謡を書きはじめ、雑誌に投稿した作品が次々に掲載されるなど、めざましい活躍をした。

しかし、幸せなときは長く続かず、短い生涯を閉じることになる。

 

f:id:turumigawa915:20160923233234j:plain

あらゆるところに詩と出会うことができる、ここも仙崎八景。

祇園社・八坂神社。(13:42)

 

次に仙崎駅へ向かう、ここは仙崎線の終着駅である。

f:id:turumigawa915:20160924000811j:plain

仙崎駅・ホームをパシャリ、ちなみに駅員はいない・・・。

f:id:turumigawa915:20160924000939j:plain

駅構内には、こんな金子みすゞも。

 

海沿いを歩く・・・、また仙崎八景を発見

f:id:turumigawa915:20160924001209j:plain

花津浦

f:id:turumigawa915:20160924001245j:plain ズーム。

 

f:id:turumigawa915:20160924001413j:plain

どこを撮っても絵になる町だ。

f:id:turumigawa915:20160924001636j:plain

これも仙崎八景。

 

そして、遍照寺に向かう、ここは金子みすゞが眠る場所。

f:id:turumigawa915:20160924002017j:plain

金子みすゞに導かれ・・・、

 

f:id:turumigawa915:20160924002035j:plain

地元の子ども書いたのかな。 さらに導かれ・・・。

 

f:id:turumigawa915:20160924002150j:plain

お参りをする。

 

少し車を走らせ、みすゞ公園に。 町のはずれにある。

f:id:turumigawa915:20160924002344j:plain

f:id:turumigawa915:20160924002417j:plain

波の橋立の詩、発見。

 

f:id:turumigawa915:20160924002459j:plain

上からの眺めである。(15:54)

 

仙崎という町は、金子みすゞの町である、穏やかな時が流れる、やさしい町であった。 

そして仙崎の町を離れる・・・。

 

東方へ約26km、40分をかけて、萩の町へ。

f:id:turumigawa915:20160924002955j:plain

時はすでに16:50であった。

 

f:id:turumigawa915:20160924003034j:plain

もう日が沈みそうだ・・・。

 

f:id:turumigawa915:20160924003243j:plain

これはどこに続く石階段・・・。

 

萩のトヨタレンタカーで車を返却。

ホテル周辺にはコンビニがなく、15分ほどかけて、徒歩でコンビニへ。

車を返す前に行けばよかった・・・。

f:id:turumigawa915:20160924003505j:plain

17:51

俺はどこにいるのだろう・・・、何気なく落ち着く風景だ。

 

ホテルで明日以降のプランを練る、

明日で帰る?、いいや帰りません、まだ続きます。

 

山口旅行2日目終了⇒