読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

和歌山(たま駅長・高野山)の旅 2日目

2016年2月6日 和歌山の旅・2日目スタート。

 

本日は、JR橋本駅から出発です。

南海高野山線で、極楽橋駅へ、そこからケーブルカーで高野山に向かう。

f:id:turumigawa915:20160928225434j:plain

f:id:turumigawa915:20160928225449j:plain

ひたすら寒い、空気が凍るような寒さだ。

 

f:id:turumigawa915:20160928225726j:plain

奥之院、高野山の二大聖地を言われる、参道は2kmほどあり、無数の墓石がある。

巨大な杉並木がより厳格な雰囲気を醸し出す。

 

次に奥の院前のバス停から、金剛峯寺方面に向かう。

 

f:id:turumigawa915:20160928225751j:plain

金剛峯寺である。

高野山真言宗の総本山である。

 

f:id:turumigawa915:20160928230602j:plain

f:id:turumigawa915:20160928230628j:plain

 

根本大塔へ

f:id:turumigawa915:20160928230917j:plain

 

高野山自体が町となっており、まさに宗教都市である、

広すぎて歩きで周るには時間が足りない。

 

f:id:turumigawa915:20160928231123j:plain

さぁ、もどろう。 高野山ケーブルカー。

 

f:id:turumigawa915:20160928231135j:plain

特急こうや号 かっこいい。終着駅であり、始発駅。(当たり前)

 

f:id:turumigawa915:20160928231253j:plain

 

列車を乗り継ぎ、大阪府富田林西口駅に向かう。

近鉄南大阪線の駅である。

 

駅を出て、住宅街を抜け、陸橋に立つ。

f:id:turumigawa915:20160928232020j:plain

巨大な構造物が見えてきた、名は大平和記念塔という。

ものすごい光景です、それ以外に形容はない。住宅街とのミスマッチさ・・・。

 

この塔を目指して歩いてきたのだが、入口は真逆であることが判明、直前まで来て気づいた・・・。

ショックを受けながら、ぐるっと道を周り正面へ。

f:id:turumigawa915:20160928232457j:plain

おそるおそる門をくぐり、パシャリ。

周りに人がいない、自分ひとりである。直進が長く感じる。

少し歩くと、警備員の詰め所が見えてくる、警備員のお兄さんがこちらに気づき、待ち受ける。

見学に来たことを告げるとにこやかにどうぞとのこと、よかった~。

 

 

さらに近づく。

f:id:turumigawa915:20160928232519j:plain

デカい。

 

f:id:turumigawa915:20160928232848j:plain

ここから入ることができる。(このとき時刻14:28)

中に入ると右横に受付があり、女性スタッフが1名が立っておりました、

見学の旨を伝えると、神父様(かな?)がご案内しますとのこと、お言葉に甘え、一緒に周ることに。

エレベーターで上がり、神殿と言れるところに案内される、そこでお守りを頂いた。

ここは塔でいうと低層階となる、上には展望ルームがあるらしいのだが、今は解放していないとのこと、残念である。

丁寧にお礼を言い、受付に少し寄り、何が販売されているか確認する、たしか、おこしだったと記憶している。

 

遅くなりましたが、ここはパーフェクトリバティー教団(PL教団)の施設です。

皆さま、快い対応をして頂き、ありがとうございました。

 

受付の方に「ご信者の方ですか?」、

KIT「すいません、ただの見学で参りました・・・」 

なかなか、味わえない体験をした。

 

 

正面から出て、右手を下る、しばらくすると左側にPL教団大本庁が見えてくる、

これも超デカい、そこに入る勇気はなく、横目で見ながら、富田林駅に向かった。

 

次の目的地は宛てがなく、会社の先輩に相談(ライン)、助言を得て、なんばの自由軒に行くことにした。

f:id:turumigawa915:20160928234449j:plain

名物カレーください!  

これがなかなかにうまい、写真は下手だ。

 

空腹を満たし、新大阪駅に向かう、あとは新幹線にのれば、数時間後には新横浜に着く、

さて売店で打ち上げセットを買おう。

f:id:turumigawa915:20160928234741j:plain

どうして、新幹線の中と仕事帰りのビールはこんなにうまいのか。

 

そんな感じで、思いつきの和歌山の旅は終わった、さて次はどこに行こうかな。

 

和歌山の旅 2日目  完