KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

越中八尾、おわら風の盆へ!! 2日目

2日目(9月3日)

それでは、おわら風の盆の最終日スタートします。

最終日(3日目)は、日中の踊りは一切行われません、19:00からの町流しからとなります。そのため、昼から行く必要はなく、かなりの時間が空きます。

 

そこで、富山プチトリップ(小旅行)を開催することにしました。

行き先は、雨晴海岸、氷見となります。

■雨晴観光編スタート

8:57富山駅発→9:15高岡駅着 あいの風富山鉄道

9:43発高岡駅発→10:04雨晴駅着 JR氷見線

f:id:turumigawa915:20160911190333j:plain

 

車内は結構混んできており、乗車率90%ほどかな、雨晴駅には、7・8名の観光客が降りました。

f:id:turumigawa915:20160911190644j:plain

雨晴駅舎です、良い感じに閑散としてます、こういう雰囲気は大好きです。

今回は下見の意味があり、雨晴には、必ずや冬季に訪問します、その理由は後程に・・・。

 

雨晴駅ではレンタルサイクルがあり、安価で借りることができます、

普通の自転車¥200、電動自転車¥500(2016/09/03現在)

電動自転車はすでに貸し出されており、普通の自転車1台だけが残っていた、

「ふぅ、あぶない・・。」

駅員に観光MAPをもらい、サイクリング開始~(チリンチリン)

 

目的地:雨晴海岸に到着(所要時間5分、チリンチリン)

f:id:turumigawa915:20160911191531j:plain

国定公園らしい、それがすごいかどうかは別にして、ここからの景色は是非、冬場に来て見るべきところである。

なんと、冬には正面の海の上に立連邦の山々が登場するのだ!

出典:富山県観光公式サイト・とやま観光ナビ

www.info-toyama.com

 

再び、自転車に乗り、氷見駅方面へGO。

一応サイクリングロードがつくられており、日本海を右手に見ながら、さわやかなサイクリングが楽しめるのだ。

f:id:turumigawa915:20160911192508j:plain

奥に見えるのが、雨晴海岸の義経岩。

海を見てのサイクリング、気持ちいいなー。

30分ほど走ったのか、氷見漁港経由で氷見駅に到着。(チリンチリン)

f:id:turumigawa915:20160911192842j:plain

JR氷見駅

駅周りにはお店は特になし・・・。

この駅は氷見線の終点であり、この先に線路は無し、いいよね終着駅って。

先月は城端に行ったけど、そこも良い終着駅だった。いづれ、ブログにも旅日記を乗せたいと思います。

f:id:turumigawa915:20160911193257j:plain

この先に道は無し。(しつこい)

11:49氷見駅発→12:20高岡駅着 JR氷見線

12:24高岡駅発→12:42富山駅着 あいの風富山鉄道

ここまでは予定通りにきた。

 

富山駅至近のセブンイレブンで、アイスコーヒーを飲みクールダウン、

そして昨日に続き非常食をGETした。

さらに、富山エスタ3Fのキャンドウ(100円ショップ)に行き、レジャーシートと扇子を購入。

※昨日の教訓より。 ホント、こういう時の100円ショップは最強だよ。

 

13:30過ぎ、本日の宿泊先の富山地鉄ホテルにチェックイン!

本来は15:00からのチェックインとなるが、事前にホテルに連絡をして、13:30頃のチェックインができないか、お願いをしていたのだ。

他のホテルでは、やんわりとお断りをされたが、地鉄ホテルは快く受けてくれた、

こういう心遣いが嬉しい・・・。ありがとう富山地鉄ホテルさん、来年もまたお世話になります!!

 

シャワーを浴び、雨晴サイクリングの?を流し、ロッテリアのハンバーガーセットを食べ(ホントに何十年ぶりか・・・)補給満タン。

さあ、本番スタートだ!!

 

 14:45頃、富山駅に行き、整理券配布所でチケットを受け取る、

富山駅発15:49 (集合15:20)という整理券である、これは整理券であるから、別途往復乗車券を購入する必要がある。列はできていたが、5・6名ほどしかおらず、スムーズに整理券をGETした。

f:id:turumigawa915:20160911195618j:plain

 

一旦、ホテルに戻り、小休憩。駅から近いととっても便利!

15:20の集合時間通りに富山駅通路にいくと、もうすでに大行列が!!

こりゃ、座れんな とあきらめていたら、座れてしまった・・、電車の席というには感覚以上に多いんだな~としみじみ思いながら、ボーと田園風景を見ながら、越中八尾へ。

富山を出ると越中八尾まで止まりません、30分ほどで到着。

f:id:turumigawa915:20160911195718j:plain

越中八尾

さあ、16:45頃までには席取りをしなくては。

やはり、最終日、時間も遅いだけあって昨日より人の波は多い、急ぐぞ。

 昨日と同じルートで八尾市街へ、そして諏訪支部エリアに到着。

f:id:turumigawa915:20160911201957j:plain

 専能寺

その周辺に陣を取り、キャンドウでかったレジャーシートを敷き、その時を待つことになった。

f:id:turumigawa915:20160911204613j:plain

 1時間、2時間が経ち、もうすぐ19時になる・・・。

19:30になったが、まだ何もない・・・、周りの人達もまだか、まだかとせわしなくなってきている。

真偽はともかく、近くの人の情報では、このあたりには20:30頃を予定しているらしいと・・・。「え?!」スケジュールでは19:00・・・。

遠くからは、町流しが行われているのであろう、拍手の音が時折り聞こえる・・・、

それがあせりに繋がる・・・。(あせっても仕方がないのだが)

「失敗したのか・・・!?」

ここまで待った以上、さらには人があふれかえっている以上、下手に動くことはできない、来ることを願って待つだけだ。

「そう、今僕らにできることは待つことだけなのだ」(おおげさ)

f:id:turumigawa915:20160911210218j:plain

もう、石畳は見えないほど、人の往来は激しいのだ・・・。

 

20:30頃か、周りの雰囲気が変わる・・、そして警備員がロープを持ち規制線をはる、

とうとう来るのだ。

f:id:turumigawa915:20160911210610j:plain

動から静へ・・・

 

奥に踊り手さんが視認でき、胡弓の音色も聞こえてきた・・・、

穏やか進みであるが、その待ち時間さえ、心躍るひと時なのである

f:id:turumigawa915:20160911211051j:plain

来たー。

f:id:turumigawa915:20160911211124j:plain 

もう目前である。

f:id:turumigawa915:20160911211329j:plain

ただただ、素晴らしい、余計な言葉などはいらない。

 

でも必ず終わりはある・・・。

幽玄の一行は通り過ぎ、皆はそのあとについてゆくが、あまりにも人が多く、どうにもならない。

f:id:turumigawa915:20160911211818j:plain

通勤ラッシュの山の手線にも負けない・・・。

 

人が少しはけたところで、さぁ次の目的地に移動だ、そこは東新町支部である、

ちょうど、踊りが始まっていた。

f:id:turumigawa915:20160911212215j:plain

東新町支部

着いてまもなく踊りが終わり、輪踊りが始まる。

f:id:turumigawa915:20160911212319j:plain

一般人も輪に入り、踊りに参加することができるのだ。

見よう見真似にしても、あの所作は一朝一夕にはいかないのだ。

でも、楽しそうだな~。

 

では、次の支部へ向かおうか。

むかったのはおたや階段のある鏡町支部である、しかし最終日、黒山の人だかりで近づくことも難しい、昨日も見たし、今日の日は徹底だ~。

f:id:turumigawa915:20160911212922j:plain

見えん・・・、早々に撤退。

駅方面に向かう、向かう最中には3・4つの支部があり、運がよければ見れるはずだ。

それに期待!!

f:id:turumigawa915:20160911212950j:plain

まずは東町支部?かな。

建物のテラスで踊ってます、少し遠いな~。

 

f:id:turumigawa915:20160911213435j:plain

次に今町支部に到着、こちらも輪踊りをしてます。

f:id:turumigawa915:20160911213508j:plain

次に下新町支部に到着、こちらは男女混合踊りで場内を沸かしておりました。

f:id:turumigawa915:20160911213841j:plain

次に天満町支部に到着。

もう町のはずれにきております。

そして、坂の町おおはしを渡り、福島支部に突入です。

f:id:turumigawa915:20160911214123j:plain

これが最後のおわらです・・・。

もう最終の電車を気にする時間帯です、

さぁ、越中八尾駅に向かおう。

 

駅に着くと、すでに電車は入線しており、乗客で満員であった、早歩きでホームに渡り、先頭車両の入金箱近くに立つこととなった。

「疲れた・・・、足に疲労感をかなり感じる、あと30分立っていれば富山駅だ。」

 

 

もう富山駅を出た頃には、日付が変わっていた。

ローソンでかなり遅い夕食とビールを買い、ホテルへ。

 

僕のおわら風の盆の旅は終わった、結論から言えば最高でした、こんな素晴らしい思いができるとは!!。総括は後日にゆずろう。

 

あとは明日の第2弾のプチトリップを開催して、成功させるだけである。

最後まで気を抜かずに行きます。

 

≪3日目(9月4日)に続く≫

 

turumigawa915.hatenablog.com