読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

PT 小田原・栢山へ(2016年9月10日)

小田原ドライブのプチトリップの記事

f:id:turumigawa915:20160917172859j:plain

9/10土曜日、時間を持て余したので、小田原ドライブに行った、

天気は晴天であり、とても気持ちのいいドライブ日和であった。

 

 

最初の目的地は、小田原市栢山・小田原市尊徳記念館に向かう、

出発が遅れ、予想外に東名高速道路横浜町田IC前で大渋滞にはまる。

なんだかんだんで、普段は20分で行けるところ、60分近くかかってしまった。

その後は順調で、約60分ほどで目的地に到着。

f:id:turumigawa915:20160917163848j:plain

尊徳記念館の駐車場

遠くに小田急電鉄小田原線が見える。

 

f:id:turumigawa915:20160917164412j:plain

f:id:turumigawa915:20160917163106j:plain

こちらが二宮尊徳の生家。かなり大きいからぶきの家。

ちなみに観光客は5・6名ほど。

f:id:turumigawa915:20160917164435j:plain

尊徳の生家の中、あがることはできない。

こざっぱりとしてますね。

f:id:turumigawa915:20160917164623j:plain

尊徳の生家から記念館をパシャリ。

 

入館料を払い、二宮尊徳記念館へ。

中では尊徳の生涯や考えを学びことができる展示が多くあり、そこそこ楽しめます。

※画像は無し。

www.city.odawara.kanagawa.jp

f:id:turumigawa915:20160917165100j:plain

記念館裏には、こんな趣きのある用水路が。

でも夜、酔って歩くのは怖いかも・・・・。

f:id:turumigawa915:20160917165137j:plain

遠方にロマンスカーが走っている、思わずパシャリ。

遠くに見える山はなんだろう?神奈川県人ですが、よくわからない・・・。

 

ここから、車で10分ほど、小田原城へ。

小田原へは何百回も来ているが、小田原城に入るのは3回目・・。

小田原城は平成の大改修を行い、いろいろとリニューアルをした、確かめに行こうか。

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/odawaracastle/news/daikaisyu.html

駐車場は、城裏手の一般駐車場へ。

 

f:id:turumigawa915:20160917165805j:plain

こんな景色を横目で見つつ、登城。

f:id:turumigawa915:20160917165832j:plain

奥にサルのおりが見える。

f:id:turumigawa915:20160917165913j:plain

f:id:turumigawa915:20160917170041j:plain

小田原城

言わずと知れた北条氏の城であるが、もともとは北条氏が築城したのではなく、奪い取ったものである、その後、北条氏は関東の覇者への道を歩む、しかしながら、秀吉の時代、小田原評定の末、開城することとなる。

果たして、北条氏が天下人になれる選択肢はあったのだろうか・・・・。

 

拝観料500円を払い、城内へ。

f:id:turumigawa915:20160917170710j:plain

城内は、記憶とは全く違っており、完全リニューアル、たしかに大改修です。

空調はきいており、非常に快適。各フロアを回遊しながら、上に登っていきます。

途中、俳優を使った動画・ドラマ?もあり、気合が入っていた。

f:id:turumigawa915:20160917170742j:plain

真鶴方面をパシャリ。

 

f:id:turumigawa915:20160917171159j:plain

小田原市街地方面をパシャリ。

 

f:id:turumigawa915:20160917171222j:plain

小田原駅をパシャリ。

 

うーん、城と海と山と晴天とすべてがそろっている。

土曜日の為、観光客が多く、ゆくっりとはできませんでしたが、良い城でした。

改修前にも来たかったなと思いながら、横浜の自宅へ向かう。

 

小田原・プチトリップ終了。