読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

PT 外房(勝浦・御宿・大多喜)へ(2016年9月25日)

PT(小旅行)

2016年9月25日

 

プチトリップ(PT)、千葉県・外房ドライブを書きます。

今回は失敗談となり、今後同じことが起きないように、記しておきます。

f:id:turumigawa915:20160925220502j:plain

 

 今回の目的は大多喜城・大多喜の町の散策にありました。

 

大多喜とは・・・、

大多喜町(おおたきまち)は、房総半島の南東部、千葉県夷隅郡(いすみぐん)にあります。

横浜からは、東京アクアライン圏央道経由により、短時間で行くことができる。

 この町は、徳川家の四天王と言われた本多忠勝のつくった城下町です。名物はたけのこ、

そして最近ではいすみ鉄道が有名です。 

そのため、昔ながらの町並みが残っており、エリアは小さいながら楽しい散策ができるはず・・・でした。 

 大多喜城では、展示品などを見つつ、歴史を学び、大井戸などを見学する予定でした。

大多喜町の場所

 

今日のプランとしては、

(1)勝浦・朝市(2)御宿・月の砂漠(3)大多喜・町散策と大多喜城の見学

3つで構成されていました。 

では、PT・外房編スタートです。

 

7:45 自宅を出発

高速道路情報(ネット)では、アクアラインの入口部に若干の渋滞が発生していた、

KITが行きつく頃にはもっと渋滞が増えるのだろうと考えていた。

 

川崎浮島JCからアクアラインのトンネルに入る、順調にスピードを上がる、いつの間にか海ほたるも通過、そして海中トンネルを抜ける、外は真っ白、海は見えない、濃霧注意報がでているらしい。

渋滞はいつの間にか、解消されたらしい、幸先は良い出だしであったのに・・・。

 

木更津JCから圏央道に入り、市原鶴舞ICを降りる、そこから一般道を30kmほど走る。 

道の駅たけゆらの里・大多喜の看板が見えた、当然寄っていきます。

千葉は道の駅は多いが、どうしてか、どこもそれなりである、

これと言って良いという所に巡り合ってない。良いところを教えてください!

 

9:50 勝浦到着

市民駐車場に止める、結構広いが、8割ほど埋まっていた、ホテル三日月の隣にあり、無料である。

そこから5分ほどかけて、朝市に向かう。

f:id:turumigawa915:20160925203423j:plain

f:id:turumigawa915:20160925203505j:plain

勝浦朝市

人はそれなりにいました。

 

日本三大朝市の1つと言われている、勝浦朝市。

しかし、規模としては小さく、こじんまりとしている。大いに期待していくとショックを受けるかも・・、特に買うものは無かったのだが。

 

残り2つの朝市は、高山と輪島の朝市です、高山はそれなりに楽しめたのだが、周りの雰囲気が影響していたかは、わかならない。輪島はいつかはいきたい。

 

f:id:turumigawa915:20160925204938j:plain

海が近いので、カニが遠征していた、しっかり海に帰るように!

 

次に15分ほどをかけて、御宿に向かう。

御宿は、月の沙漠の童謡のふるさと、月の沙漠は御宿の砂浜をイメージして、加藤まさをが作曲しました。

記念のモニュメントと記念館があります、あとは砂浜と海。

 

f:id:turumigawa915:20160925205741j:plain

駐車場はわかりにくい、記念館から道を挟んだ反対側の小道から入る。

 

f:id:turumigawa915:20160925205817j:plain

老朽化が激しい・・・。

 

f:id:turumigawa915:20160925210117j:plain 

f:id:turumigawa915:20160925210127j:plain

ラクダに乗った王子と姫、これがイメージなのだろう。

アラビアンナイト千夜一夜

滞在時間は15分かな。

 

御宿の浜からは歓声が聞こえ、人とテントが多く見える。

なにかの競技をしていると思われる、最後までわからなかった。

f:id:turumigawa915:20160925210730j:plain

海と空がきれい・・・。

 

f:id:turumigawa915:20160925210913j:plain

砂浜に突如出現。

 

f:id:turumigawa915:20160925210844j:plain

月の沙漠記念館を撮影、変わった外観である。

 

f:id:turumigawa915:20160925211218j:plain

海につながる川、鯉がたいさん泳いでいる。

海にこんなに近いのに鯉は大丈夫なのかな??

 

10:55 御宿を離れ、大多喜へ向かう。

 

北上してから西方へ進路をとる、ところどころ、いすみ鉄道の線路が見え隠れする、

道路は快適、車も3・4台ほどしか視界には入らない、いすみ鉄道見たかったな~。

約20km、30分ほどのドライブである。

 

11:30頃、大多喜の町に入る。

まず、警備員の姿が沿道に見えた、何かイベントがあるのかと思った、

そして町には人が結構歩いている・・・、普段の旅ではあまりない光景だ。

不安な気持ちを抱え、町営駐車場に向かう。

予感は的中した、満車であり、しかも車が3台ほど待機していた。

 

周りを走り、他の駐車場を探すが、普段は町営駐車場で事足りるのであろう、

他に見るけることはできなかった。

 

再び、町営駐車場に行き、空くまで待とうと決めたが、

看板には、「13時から16時までは出庫ができない」というの注意書きがあった。 

さすがにそこまでは滞在できないので、撤退する決意をした。

 

本日は、「大多喜お城祭り」が開催されていた。

しかも、NHK大河ドラマ真田丸」、本多忠勝役の藤岡弘、が参加するらしいのだ。

 

事前確認を怠ったことが敗因であった、近いようで遠い大多喜、次に来るかはわからない、

ここで逃したのが非常に残念である。

ここで落ち込んでも仕方がないので、次に生かす為の勉強としよう。

 

まだ早いので、久留里城や館山にいく代替案も考えたが、潔くあきらめ、帰ることにした。

即席の計画は失敗することが多いのだ。

 

13:00頃 自宅に到着。

 

外房の旅 完