読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

PT 銚子に行こう!(2016年11月5日)

今回は銚子観光のプチプランの記録を書いていきます。
銚子とは千葉県の東端であり、横浜から150km以上距離が離れている。
銚子と言って思う浮かべるのは、一般的には銚子電鉄犬吠埼灯台ぐらいか?
 
では、銚子のプチプラン、スタートします。
 
7:50、自宅を出発、本日は自家用車を使っての移動となります。
湾岸高速を走り、東関東自動車道に入り、大栄ICを目指します、途中浦安IC付近でディズニーランド渋滞にすこしだけ遭遇したが、順調に走ることができた。
 
大栄ICを下り、東総自動車道(有料)を走ることになる、もちろんETCは対応していない。

しかしこの道がよくわからない、有料という割には普通の道路のようである、

一般でも良かったのではと頭をよぎる。(まぁ、いいや)
 
最初の目的地は、道の駅・季楽里あさひである。
その途中で気になる看板を見つけ、急きょピットインする。

f:id:turumigawa915:20161106221705j:plain

www.foodmura.com

 

 風土村という名の道の駅であった、
これがなかなか、野菜の品ぞろえが良く、満足のいくものであった。
うれしい誤算であった、こういう誤算は大歓迎である。

 

f:id:turumigawa915:20161106222107j:plain

 道の駅・季楽里あさひ 10:47到着。

晴れになる兆しが見えてきた。

 

f:id:turumigawa915:20161106222124j:plain

 この道の駅も広く、満足できるものであった、

千葉の道の駅には良い印象を持っていなかったが、ここは違うな。

www.kirari-asahi.com

 

 

次の目的地である 地球の丸く見える丘展望台に到着。

 時刻にして11:47分。

f:id:turumigawa915:20161106222855j:plain

地球の丸く見える丘展望台の駐車場に到着、見ての通りガラガラである。

混んでいるより良いのだが、不安になってくる、

来年・再来年はあるのだろうかと・・・がんばれ!!

 

f:id:turumigawa915:20161106222924j:plain

駐車場から階段を登り、公園を通り、門をくぐる。

 

f:id:turumigawa915:20161106222939j:plain

これが本館である、入場料を支払い、エレベーターで3Fに上がる、

3Fから展望台へは階段で登ることになる。

 

f:id:turumigawa915:20161106223003j:plain

屛風ヶ浦が見える。

東洋のドーバーと言われる絶壁の絶景である。

ここの地層は学術的には大変貴重とか・・・・いわれてます。

 

f:id:turumigawa915:20161106223037j:plain

f:id:turumigawa915:20161106223121j:plain

この台座にのり、360度を周りを見渡すことができるのだ!!

さあ、君もチャレンジだ!!

たしかに絶景であった、地球が丸いものわかった、よかったよ・・・・。

 

f:id:turumigawa915:20161106223143j:plain

下層の展示ルームに移動、銚子にUFOが現れたらしい、町おこしの一環かな・・・。

いいね!!、B級観光スポット! 応援したいです。

1Fロビーにはお土産も売ってますが、閑散としております。早々に退散します。

 

www.choshikanko.com

 

さ!次・次!!

犬吠埼灯台を目指します。

ここから距離にして、8分ほどとなる。

 

途中、銚子電鉄の踏切があり、銚子電鉄が丁度通過していく、写真を撮りたかったよ・・・。

踏切を通り過ぎるとそこは、銚子電鉄犬吠駅であった。

思わぬ出会いに急遽駐車。

f:id:turumigawa915:20161106224321j:plain

12:23到着、犬吠駅である。終点ではない!

ゴーストの館?、犬吠駅がそうならなければよいのだが・・。

f:id:turumigawa915:20161106224335j:plain

銚子駅舎内である、貸自転車がある、これで観光するのもいいかもしれない。

柱の裏にはお土産屋があり、もちろんぬれせんも売ってますし、銚子電鉄のグッズも売ってます。

でも、買いたいものはなかった。

 

f:id:turumigawa915:20161106224408j:plain

この壁の向こうがホームです。

次の電車が来るまで1時間近く待つので、灯台に向けて出発します

 

f:id:turumigawa915:20161106224839j:plain

12:32到着。

犬吠埼灯台に到着、ここは中に入ることができます。

入場料を払うことにはなりますが。その為が知りませんが、灯台に入る人は多くはなかった・・・。

 

f:id:turumigawa915:20161106224900j:plain

弧を描く砂浜がきれいだ。階段があり下に降りることもできる。

 

f:id:turumigawa915:20161106224923j:plain

真っ青な空と真っ白な灯台、絵になります。でも、その役割は終えております。

 

f:id:turumigawa915:20161106224937j:plain

らせん階段を登っていく、結構長く感じたよ。

 

f:id:turumigawa915:20161106224951j:plain

やはり、上からの眺めは最高である、息が切れ、熱くなった体に海風が心地よい。

今日は海も穏やかだな。理屈無しに海を眺めるのはいいね!!

 

f:id:turumigawa915:20161106225011j:plain

灯台から駐車場を撮影、手前には車旋回用のロータリーがある。

斜めでバックをすれば、ロータリーを使うことはないのだが・・。

 

f:id:turumigawa915:20161106225041j:plain

丘の上には、先ほどの展望台が見える。

 

f:id:turumigawa915:20161106225219j:plain

灯台の敷地内には資料館も併設されているので、入ってみる。

もちろん、中には人はいない。

 

f:id:turumigawa915:20161106225122j:plain

f:id:turumigawa915:20161106225142j:plain

この灯台レンズが回転してます、立派です。

人がいないのに、回り続けてます。

 

f:id:turumigawa915:20161106225300j:plain

灯台横には散策路が設けられており、下に降りすことができそう。

 

f:id:turumigawa915:20161106225320j:plain

駐車場にはガード用の石が置かれており、油断するとフロントバンパーにぶつけしまうので気をつけよう。

 

f:id:turumigawa915:20161106225334j:plain

ここからも下におりることができます。

 

f:id:turumigawa915:20161106225350j:plain

おおー、波打ち際まで行けそうだ。楽しそう!! 

犬吠埼灯台は12:55に出発します。 

そして次に向かうは、鹿島神宮である、

犬吠埼から1時間強でいくことができる、ここから大栄ICに下道で行くのなら、

鹿島神宮まで行き、潮来ICから東関東自動道で帰ったほうが効率が良いと考えた。

 

銚子大橋を通り、利根川を渡る、その先はもう茨城県である。

124号線をひたすら北上することになる、鹿島神宮が近づくと細い道を通ることになる、駐車場は下調べをしていないため、ぶっつけ本番である。

 

細い道から大きな道に出る、そこは鹿島神宮の参道に続く大通りであり、真正面のおばさんに笑顔で駐車場に誘導される。

その駐車場は空きが1台ほどしか残ってなかった、結構参拝者がいるんだな。

f:id:turumigawa915:20161106231523j:plain

f:id:turumigawa915:20161106231545j:plain

右に見える駐車場に停めました。

 

f:id:turumigawa915:20161106231600j:plain

正面が鹿島神宮の入口です。右にひっそり写っているのが鹿の像です。

 

f:id:turumigawa915:20161106231620j:plain

大鳥居を抜けていきます。

 

f:id:turumigawa915:20161106231646j:plain

f:id:turumigawa915:20161106231658j:plain

楼門を通過します。

 

f:id:turumigawa915:20161106231728j:plain

右は授与所、左は拝殿です。

さすが、鹿島神宮である、参拝客は大勢いる。

 

f:id:turumigawa915:20161106231749j:plain

杉が生い茂るなか、奥宮に向かい進みます、

雰囲気が荘厳そのもの、参道の砂は歩きやすく、普段のアスファルトがいかに歩きずたいかがわかる。

 

f:id:turumigawa915:20161106231808j:plain

中ほどにはさざれ石もあり、その近くには鹿園がありました、

奈良とは違い檻の中で飼われています、でも鹿に餌を与えることはできますよ。

 

f:id:turumigawa915:20161106231840j:plain

奥宮に到着。

大鳥居からかなり歩いてきました。

 

f:id:turumigawa915:20161106231859j:plain

奥宮の前には売店があります、ここでお茶などを頂けます。

しっかりとお店があるところはいいよね。

 

f:id:turumigawa915:20161106231921j:plain

売店の奥の道をさらに進んでいきます、下り坂をおりると、広場にでます。

 

f:id:turumigawa915:20161106231939j:plain

御手洗

1日に40万リットル以上の湧水が湧いております。

 

f:id:turumigawa915:20161106231951j:plain

水はキレイであり、鯉もいつも以上に優雅に気持ちよく泳いでいます。

 

f:id:turumigawa915:20161106232023j:plain

ここから水が湧いています、キレイな水だ。

 

f:id:turumigawa915:20161106232050j:plain

大鳥居まで戻ってきました、その隣には駐車場があり、売店も併設されています、

ここが公式の駐車場か?!、料金は先ほどのところより、たしか200円安かった。

やっぱり、事前に知っていないと損することがあるよね。

kashimajingu.jp

f:id:turumigawa915:20161106232128j:plain

最後の目的地は道の駅・潮来です。

時間にして、15:09。

 

f:id:turumigawa915:20161106232142j:plain

かなり大きい、土産屋と野菜などを販売するスペースが分かれている。

でも時間も遅い為、野菜はもうないね。

 

f:id:turumigawa915:20161106232152j:plain

 さあて、横浜に帰るか・・・。

関東自動車道・潮来ICから高速に乗る、この道の駅からICはかなり近い、

渋滞にはまることなく、順調に帰ることができました、関越や東北道は渋滞していたね、

これからは本格的に紅葉の季節です、渋滞に気を付けていくぜ!

 

銚子のドライブ、楽しかったな~。

 銚子に行こう! 完。