KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

PT 鎌倉に行こう!(2016年11月27日)

 鎌倉に行こう、第8段。

スタート!!

f:id:turumigawa915:20161217155047j:plain

8:50、北鎌倉駅

本日は晴天ではない、うっすら曇り空。

 f:id:turumigawa915:20161217155105j:plain

いつも通り、建長寺方面に向かい歩く。多いよ自動販売機。

f:id:turumigawa915:20161217155129j:plain

以前から気になっていたスポットに今回はズームイン!!

建長寺の手前にある。

f:id:turumigawa915:20161217155152j:plain

名所は第六天という。

門が常時閉まり、これ以上、上がることができない。

この先には何があるのだろうか、何もないのか。

 

f:id:turumigawa915:20161217155206j:plain

行き止まりの為、降りるしかない。なかなか急な階段で注意が必要。

 

f:id:turumigawa915:20161217155231j:plain

亀ヶ谷切通しを通り、岩船地蔵堂方向に向かう。

f:id:turumigawa915:20161217155317j:plain

岩船地蔵堂、すぐ横には横須賀線の線路が走る。

f:id:turumigawa915:20161217155348j:plain

鎌倉駅に向かう、横須賀線沿いの道に稲荷神社がたっている、以前お参りをしたことがあるのだが、その横に別のスポットがある。

今まで気づくことができなかった。

 

f:id:turumigawa915:20161217155405j:plain

小さなやぐらの中には石造りの多層塔がある、

ここは、十六夜日記(いざよいにっき)の著者・阿仏尼(あぶつに)のお墓である。

 

藤原為家の妻である阿仏尼は夫の死後に、先妻の子と実の子・為相(ためすけ)との間に起った相続訴訟の解決の為、京都から鎌倉にやってきた、その旅の様子を描いたのが

十六夜日記」である。

 

f:id:turumigawa915:20161217155435j:plain

江ノ電鎌倉駅の先頭には、カエルがいる。

観光客が写真をとっているのを見て、初めて気が付いた。鳩と蛙の競演です。

 

f:id:turumigawa915:20161217155503j:plain

長谷駅で降り、御霊神社に向かう、

江ノ電沿いを歩くのが最も近いルートなのだが、いつも星の井通りからアクセスをしている。

いつも通り歩いていて、ふと横を見ると道路の先に海が見える、こんなにも海が近いとは今まで考えていなかった・・、もっといろいろな道を歩くべきだな。

 

 

f:id:turumigawa915:20161217155521j:plain

力餅家、御霊神社の参道入口にある。この奥には神社があり、江ノ電の撮影スポットがある。

f:id:turumigawa915:20161217155546j:plain

御霊神社と江ノ電の図①

f:id:turumigawa915:20161217155614j:plain

御霊神社と江ノ電の図②

ここに来ていつも思うのだが、ここの無形文化財指定の奇祭、

「面掛行列」を是非見てみたいものだ。来年の9月までは長いな~。

 

f:id:turumigawa915:20161217155631j:plain

星の井、

古い木立に囲まれた井戸に、昼も星が映っていたとか・・・。

 

f:id:turumigawa915:20161217155649j:plain

御霊神社から成就院は徒歩5分もかからない、

真剣に歩いていると見落とすほど、目立たないので注意。

 

f:id:turumigawa915:20161217155707j:plain

成就院の門をくぐる、左は先ほど歩いてきた道路がある。

この道路は、鎌倉七口の1つ、極楽寺坂切通しという。

 

成就院は、弘法大師の修行地跡に北条泰時が建てた寺である。

この門前から見る由比ガ浜は鎌倉屈指の美しさと聞いているのだが・・・。

 

f:id:turumigawa915:20161217155740j:plain

成就院・境内。

f:id:turumigawa915:20161217155802j:plain

由比ガ浜の眺望・・・・・。

工事中であった、年始の為に改装工事中か??

まぁ、楽しみに待ちましょう。

 

f:id:turumigawa915:20161217155820j:plain

すぐ先には江ノ電極楽寺駅、そして江ノ電撮影スポットがある。

 

f:id:turumigawa915:20161217155846j:plain

こっちも屈指の人気撮影スポットだ、人はいなかったが・・。

 極楽寺駅を通り過ぎ、歩いて海方面に向かう。

 

f:id:turumigawa915:20161217155907j:plain

いつもとは違う景色が見れる、一応江ノ電車両基地かな?、にしては小さいか。

f:id:turumigawa915:20161217155935j:plain

このあたりも江ノ電とのすれすれ写真が撮れる。

f:id:turumigawa915:20161217160028j:plain

下からのアングルも撮影できる。

f:id:turumigawa915:20161217160059j:plain

江ノ電のすれ違い。

f:id:turumigawa915:20161217160131j:plain

鎌倉高校駅。

f:id:turumigawa915:20161217160155j:plain

鎌倉高校駅の踏切。

ここはいつも大勢の人がいる人気撮影スポット、

特に外国観光客が多い、みんなスラムダンクを読み、撮影に来ているらしいのだ。

f:id:turumigawa915:20161217160248j:plain

ここは腰越駅の目の前、

トラックが止まっており江ノ電が待っていた、電車遅延行為はあかんです。

鎌倉高校駅から腰越駅まで徒歩で移動、さらに江の島駅に向かいます。

 

 

f:id:turumigawa915:20161217160322j:plain

f:id:turumigawa915:20161217160347j:plain

ここも人気撮影スポットの龍口寺カーブ!!

 

f:id:turumigawa915:20161217160432j:plain

江ノ島駅に到着、商店街は通らず、裏道の境川沿いを歩き片瀬江ノ島駅に。

f:id:turumigawa915:20161217160450j:plain

f:id:turumigawa915:20161217160505j:plain

12:02の電車に乗り、横浜にGO。

 

鎌倉に行こう!第8段・完。