読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

PT 鎌倉に行こう!(2016年12月18日)

鎌倉に行こう! 第10段

 

f:id:turumigawa915:20161218145323j:plain

北鎌倉駅、もう10時を回っている。

紅葉の季節は終わったので人出は確実に減っている。

空は雲が覆い、青空を見ることはできない。

 

 

f:id:turumigawa915:20161218145405j:plain

円応寺にまた参拝。

ここは境内も写真が禁止されている為、階段までが限界。

迫力があり、見ごたえがある閻魔王。 

 

f:id:turumigawa915:20161218145423j:plain

拝観料は200円、境内は狭い為、所要時間は少なくすむ。

 

f:id:turumigawa915:20161218145502j:plain

鶴岡八幡宮方面に向かう。

 鶴岡八幡宮を右折してメイン道路から離れる。

 

f:id:turumigawa915:20161218145541j:plain

岩窟不動尊にお参りする。

ひっそりとしたお気に入りの場所だ、カフェはいつ営業しているのか。

f:id:turumigawa915:20161218145551j:plain

f:id:turumigawa915:20161218145622j:plain

鎌倉駅江ノ電が去っていく・・・。

 

そして稲村ケ崎駅で下車、

徒歩10分ほどをかけて、稲村ケ崎の公園に行く。

f:id:turumigawa915:20161218145657j:plain

 曇りであったが、富士山を見ることできた、

諦めていたので、うれしい誤算だ。

f:id:turumigawa915:20161218145744j:plain

稲村ヶ崎の戦いの碑 。

 

f:id:turumigawa915:20161218145858j:plain

稲村ケ崎の記念碑。

 

f:id:turumigawa915:20161218150019j:plain

砂浜に降り、歩いてみる、引き続き雲は多いが、雲から漏れる陽がキレイだった。

 

f:id:turumigawa915:20161218150058j:plain

稲村ケ崎から江の島までは徒歩で移動する、そんなに苦になる距離ではない。

 

f:id:turumigawa915:20161218150205j:plain

歩いていると江ノ電が通過するので、あまり飽きることはない。

 

f:id:turumigawa915:20161218150303j:plain

腰越地区から江の島を見る。

f:id:turumigawa915:20161218150324j:plain

f:id:turumigawa915:20161218150352j:plain

龍口寺では骨董市を開催していた、いつも閑散としているが今日は賑わっていた。

 

f:id:turumigawa915:20161218150409j:plain

初めて骨董市を見たが、郷愁をさそうものから、ガラクタまで、

いろいろなモノが売られていた。

 

f:id:turumigawa915:20161218150423j:plain

f:id:turumigawa915:20161218150446j:plain

f:id:turumigawa915:20161218150543j:plain

 境川から撮影、

あの橋を渡れば、小田急線・片瀬江ノ島駅である。

 

さぁ、横浜に行こう!。

完。