読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

PT  吾妻山に行こう!(2017年4月15日)

新聞の地元欄に吾妻山公園が紹介されていた、

もちろん、これまで吾妻山公園のことは知らなかった。

 

吾妻山から見える景色は絶景であるという・・・、

「これは行くしかない」という事で「吾妻山に行こう!」である。

f:id:turumigawa915:20170416095142j:plain

 

 では吾妻山へのアクセス方法について。

・吾妻山公園は、神奈川県二宮町にあり、

二宮とは、大磯町の隣であり、小田原の手前、横浜駅から電車で40分ほどで行くことが

できる立地だ。

 

公共交通機関で向かう場合、JR東海道線・二宮駅から徒歩5分。

車で向かう場合、二宮町・町営駐車場に停めることになる。

上記は吾妻山の入口へのアクセスとなり、そこから登っていくことになる。 

 

 ①車で行く場合

吾妻山麓(町営駐車場)まで行くことができる。

駐車場までのルートが少し変わりずらいので、事前に確認したほうが良い、カーナビで設定したら、住宅街に入りこんでしまい、行き止まりにはまってしまった。

 

二宮駅の前は一般車は通行禁止となっているので、

地図にあるように1つ向こうの道路を通り、坂道を登っていくと、

二宮町・町民センターなどの施設がある場所に出てる、そこに駐車場があるのだ。

 

見ていると、車で来ている人より、歩きで来ている人が多かった、

それほど有名な場所ではないので、大勢が地元の人と思われる。

 

f:id:turumigawa915:20170416082558j:plain

この坂を下ると二宮駅に出る、そして登った先には町営駐車場がある。

道には多くの人がいるので車で来た場合は低速・徐行で登ってきてください。

 

f:id:turumigawa915:20170416082619j:plain

二宮町の施設が両側にあり、真ん中のスペースに駐車場がある、

勿論、無料であり自由に停めることができる。

11:00頃、到着したのだが、見た感じ80%ほど埋まっていたように見えた。

 

f:id:turumigawa915:20170416084820j:plain

ここが吾妻山公園・入口となる、

階段を登り一気の高度を稼ぎます。

 

f:id:turumigawa915:20170416084728j:plain

案内図も完備されている為、迷う事はない、

そもそも人が結構いるので基本的にはついていけばよい。

 

f:id:turumigawa915:20170416083130j:plain

皆さん、苦戦をしていた、

桜と海と二宮の町の眺望を楽しみながら、ゆっくり登ることをお勧めます。

 

f:id:turumigawa915:20170416083230j:plain

右側には相模灘が見える、もう少し登ろう。

 

f:id:turumigawa915:20170416083247j:plain

途中にイスが設置されているので小休止をしながらマイペースで登る。

 

f:id:turumigawa915:20170416083314j:plain

階段、中腹にある展望台。

 

f:id:turumigawa915:20170416083337j:plain

素朴な町・二宮。

二宮駅と相模灘と町並みに桜エッセンスが加わると素晴らしい景色になる。

 

f:id:turumigawa915:20170416083408j:plain

眼下には二宮町営駐車場が見える。

 

f:id:turumigawa915:20170416083451j:plain

f:id:turumigawa915:20170416083514j:plain

新緑の季節、歩いていて楽しい、

今日は薄着の長袖ぐらいが丁度良い、それに汗ばんでくる。

 

f:id:turumigawa915:20170416083543j:plain

f:id:turumigawa915:20170416083556j:plain

「春が来たなー」としみじみと感じる。

 

f:id:turumigawa915:20170416083621j:plain

分岐もあり、看板を確認しながら行きます、

今回は左を選択!

まぁ、どちらを選んでも頂上に到達する。

 

f:id:turumigawa915:20170416083639j:plain

途中に浅間神社もあり、社が見えない為、合掌だけして頂上に向かう、

今は体力温存である。

 

f:id:turumigawa915:20170416083659j:plain

ローラーすべり台が見えてきた。

 

f:id:turumigawa915:20170416083724j:plain

次にアスレチック場が見えてきた、

そのため、家族連れも多かった。

キレイなお手洗いもあり、公園として確りと管理がされている。

 

f:id:turumigawa915:20170416083804j:plain

そして最後のゆるやかな坂を上る・・・

 

f:id:turumigawa915:20170416083814j:plain

景色が開けてきた。

 

f:id:turumigawa915:20170416083836j:plain

まず目に飛び込んできたのが、相模灘の眺望。

ここまでゆっくり上がってきて、所要時間約23分ほど。

 

f:id:turumigawa915:20170416083909j:plain

遠方はうっすら雲がでているが、春のすがすがしい天気である。

 

f:id:turumigawa915:20170416084000j:plain

f:id:turumigawa915:20170416083931j:plain

小田原方面の眺め。

特に説明を必要としないほど、素晴らしい光景、

大パノラマである。

 

f:id:turumigawa915:20170416084044j:plain

石垣で作られた展望台に上がる、

皆思い思いに春を楽しむ。

 

f:id:turumigawa915:20170416084104j:plain

吾妻山の名物猫・チャミちゃん登場。

飼い主さんと一緒に遊びに来てました、もう700回ほど吾妻山に登っているという、

「すごい!」

山に遊びに来る猫は聞いたことがない。

 

f:id:turumigawa915:20170416084126j:plain

チャミちゃん、ホントにおとなしい。

基本は動かない、だからこそ700回も来れるんだな。

ウチのネコであれば、逃げてしまう。

 

f:id:turumigawa915:20170416084149j:plain

すこし風が強い、でもその風も心地よい。

 

f:id:turumigawa915:20170416084214j:plain

富士山を見ることもできるのだが、

今日は雲がかかり、見ることはできない。

見えていれば、どれほど素晴らしい景色になるのか。

 

f:id:turumigawa915:20170416084242j:plain

f:id:turumigawa915:20170416084304j:plain

吾妻山、標高136.2m。

 

f:id:turumigawa915:20170416084342j:plain

帰りのルートも複数ある、

行きとは違うルートを歩こう。

 

f:id:turumigawa915:20170416084400j:plain

先ほど、合掌だけした浅間神社に出た、

今度はお賽銭をして、しっかりと参拝をした。

 

f:id:turumigawa915:20170416084417j:plain

新緑の季節、春は活動の季節である。

春の素晴らしさを実感!

 

f:id:turumigawa915:20170416084450j:plain

f:id:turumigawa915:20170416084514j:plain

f:id:turumigawa915:20170416084534j:plain

f:id:turumigawa915:20170416084548j:plain

散策路には花は散りばめられており、飽きさせない。

散策の楽しさを改めて思い出させてくれる。

 

f:id:turumigawa915:20170416084616j:plain

登ってきた階段に合流、あとは降りるだけである。

 

f:id:turumigawa915:20170416084654j:plain

JR東海道が二宮駅を出ていく。

40分後には横浜駅に着くのだ。

 

f:id:turumigawa915:20170416084911j:plain

駐車場にある桜を撮る、

やっぱり桜はいいな~。

では次の目的地に出発。

 

吾妻山公園を出て、旧吉田邸に向かう、

晩年の吉田茂が過ごした邸宅であり、二宮町の隣りである大磯町にあるのだ。

 

 

f:id:turumigawa915:20170416092807j:plain

大磯町が推しているだけあり、観光客はそれなりに多い。

 

f:id:turumigawa915:20170416092825j:plain

f:id:turumigawa915:20170416092852j:plain

兜門を通り邸宅・敷地内に入る。

 

f:id:turumigawa915:20170416092915j:plain

f:id:turumigawa915:20170416092938j:plain

吉田茂のモニュメント、背後には日本式庭園が広がる。

 

f:id:turumigawa915:20170416093007j:plain

これが吉田茂邸、

入館料として大人500円となる、

今回は外観のみ楽しむことにする。

 

f:id:turumigawa915:20170416093021j:plain

f:id:turumigawa915:20170416093038j:plain

f:id:turumigawa915:20170416093054j:plain

f:id:turumigawa915:20170416093134j:plain

 

f:id:turumigawa915:20170416093201j:plain

f:id:turumigawa915:20170416093232j:plain

吉田茂の特徴をとらえている。

あまりお勧めはできないが、近くに来た時には「寄ってもいいかな」という感想である。

 

f:id:turumigawa915:20170416093307j:plain

 国道1号線に面している、小田原方面は渋滞中。

これからは海は混むのだろう・・・。

そして、

西湘バイパスを通り鎌倉経由で横浜へ進路をとる。

 

吾妻山に行こう! 完。

 

turumigawa915.hatenablog.com

 

turumigawa915.hatenablog.com