KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

雨模様・・横浜ロイヤルパークホテルに泊まろう!

みなとみらい三大ホテルの1つ横浜ロイヤルパークホテル

圧倒的高層階からの眺望は素晴らしい、でも雨の日でも素晴らしいのだろうか??

 

桜木町駅から動く歩道を使いホテル入口へとアクセスする、これが一般的だろうか、ここは3階(だとおもう)ので1階のロビーへ降りる必要がある。

 

1階の正面入口から入ろうとすると、けっこう先の横断歩道から周っていく必要があり、このルートを使うことが多くなると思う、ホテルの規模に比べるとフロントが小さいのは、あまりよろしくはないかな・・・。

 

そしてエレベーターにて55階へ、一番の低層階でも52階となるので、すべてが高層階であり、横浜、みなとみらいの絶景パノラマを約束してくれる、でも雨の日はどう見るのだろうか・・・。

 

ランドマークタワーは少し歪な形をしているので、このような廊下になっている。

 

やはり、ここに来ると少しだけ高級感を味わうことができる、しかも価格はそんなに高いわけではない、それが魅力であり、気軽に来れる理由でもある。

 

このゴールドのカードキーもけっこうオシャレで好き。

 

今回は最低ランクの客室となるが、それでも広さにも申し分がない。

※レギュラーフロアといわれている客室です。

 

少しのくたびれ感がある(ような)ソファーではあるけど、とても快適に過ごすことができた。

 

枕元にはタブレットが置かれ、照明やアラームなどをセットすることができる仕様です。

 

その裏にはコンセントもしっかりと完備、開業してからかなりの年月が経ってはいるけど、時代のニーズを捉えている、継ぎ足し感は高いけどね。

 

デスクにおいてもそれなりに立派なものが置かれている、この広さであれば、ノートパソコンや資料を広げても手狭にはならない。

 

テレビの下の引き出しは使うことはなく、あくまで飾り的要素が大きいけど、これらも、ちょっとした高級感を出してくれる品となっている。

 

このソファーも快適であり、これに座るとテレビを見ることはできないが、窓からの景色を少しだけ楽しむことができる。

 

レギュラーフロアで残念なのは、カップがしょぼいこと、これに尽きる、湯呑のような形をしており、取っ手もないし、コーヒーを飲むにしても湯が全然入らない。

(改善希望!)

 

この冷蔵庫は調度品の引き戸と連動しており、これはちょっとうれしい配慮。

 

入口側を見ると、ちょっとばかり殺風景であり、バランスの悪さを感じる。

 

水回りは3点セットのユニットバスとなっているが、広くとられれているので、シャワーカーテン式であっても、許せてしまう。

 

こういう何気ないカゴも、あったらとっても重宝するもの。

 

そして窓は3面式となっており、その窓の広さは他のホテルとは一線を画する、しかしあいにくの天気であり、大雨による靄がかかってしまっていた。

 

それでも高層からの眺めは、それなりに素晴らしいものがある、ある意味幻想的でもあるかな?!

 

こちらは桜木町駅側、目の前には横浜銀行本社が建っている、とても見ずらいかもしれないけど、JR根岸線が水平に走っている。

 

ちょっと遠くの景色は見えないね・・・それでも横浜の住宅街のネオンは綺麗に見ることができる、またランドマークタワー構造の特性上、あちら側の客室が見えてしまうというマイナス要素がある。

 

下に見えるのが桜木町駅、また左の灯りは54階の客室と思われる、ということは56階から私の部屋もこのように見えるということ、変な恰好で窓の近くには行かないように!

 

ご当地ビールを飲み、とっとと寝てしまおう!

毎回書いているけど、テレビのリモコンに入っているホテルロゴ、無駄にも思えるけど、こういうこだわりがいいと思う。

 

朝になり、雨は止んだけど、まだ雲が多い状態だった・・・。

 

風も強く、雲が流れていき、青空をみることができる時間帯があった。

 

この圧倒的眺望感、やっぱりコレだよね!!

どの客室であっても、同じような感動を得ることができるだろう。

 

人気はみなとみらい側となるが、こっちはこっちの良さがある、この客室は南西(富士山側)と呼ばれいる。

 

眼下には根岸線が走っている、横浜から以北は京浜東北線と呼ばれる。

 

あとは富士山が見えればいいんだけど・・・・。

 

手前には緑色のガスホルダーが見える、そこは平沼橋地区であり、その前にはJR線と相鉄線が走っている、この路線に乗っていると、ランドマークタワーはよく見える。

 

この画像の中には、京急線東海道線が走っている、目を凝らしてみていると、動くものを目がとらえてくれるので、それに気づくことができる、それほどまでにここは高い。(静止画では難しいね。)

そして富士山がうっすらと見えてきた、夏なのでこれが限界だろう。

 

一際緑がある一帯は掃部山公園という、そして井伊直弼銅像が立っている、帰りはその公園を歩きながら、横浜へ帰ろうと思う(ここも横浜だけど)

 

掃部山公園到着、隠れた桜の名所でもある。

 

井伊直弼の像、横浜を見下ろすように井伊直弼がたっているのは意外に思う人が多いと思う、イメージでは江戸や彦根になると思うからね。

 

ランドマークタワー井伊直弼

 

ぐるっと回って相鉄線平沼橋駅へ、横浜は目と鼻の先だけど、暑く疲れたので列車に乗ることにした(軟弱もの!!)

 

雨模様・・ロイヤルパークホテル横浜に泊まろう! 完