KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

荒川堤外地・握津集落を走ろう!

埼玉県川越市の飛び地、荒川の堤外地には、かつて握津集落があったという、その土地柄、台風や大雨などにより度重なる水害に見舞われていた、ある大水害をきっかけとして、すべての住民は移転することとなった。

今では集落跡は殆ど無いらしいが、その名残は少しばかりあるという、その堤外地の廃集落という言葉に惹かれてしまい、ここまで来てしまった。

 

ここは指扇駅、JR埼京線の駅である、埼玉郊外らしい駅舎だな〜と身勝手な感想を抱いていた、では出発だ!

 

指扇駅さいたま市

 

駅から1分ほど歩いたところに自転車置き場がある、ここの一角にハローサイクルというレンタサイクルのスペースがある、隣りに見えるのは駅のホームだ。

 

このレンタルサイクルには、何度もお世話になっており、もう手慣れたものになった。スマートフォンのアプリから申し込み、自転車を選択、暗証番号を打ち込み解錠するのだ。

 

では、出発!

スマートフォンの地図アプリを見ながら、目的地へと向かう、電動自転車は軽やかにさいたま市を疾走する。

 

10分ぐらい走っていくと、土手らしい場所が見えてきた、その上にはサイクリングロードが整備されており、何人かのローディーが走っていった。

 

土手に停まり、これから向かう方向を見た。

この先に何があるのか!!

 

土手を下って林の中へと自転車を走らせた。

 

少し不安な気持ちもあり、一旦自転車を停めて、サイクリングロードを見上げた。

ここまで来たのだ、行こう!

 

道はしっかりとあるけど、雰囲気はよくない、左には沼地があり、いっそう陰鬱な気持ちになった。

 

ある意味、しっかりとした舗装道路、そして自転車は軽快に進んでいった。

境ははっきりとはわからないけど、ここももう川越市となっている、なんでここが川越なのだろうかと少し不思議に思える。

 

走っていると、右に川のような、沼地のようなものが道に沿って出現した、遠くからバイクのような音が聞こえてきたけど、なんだろうか。

 

馬頭観音との出会い

走っていると、右へ曲がれる道があり、その入口に馬頭観音を見つけた、ここは握津集落(あくつ)の入口ということらしい。

 

何か刻んてあったのだろうが、私には読むことができなかった。

 

かつての集落の入口、今ではその住民は移転をしているが、馬頭観音はずっとここにいるのだ。

 

「止マレ」とかかれているが、これはいつのものだろう、先へ行ってみよう!

 

途中で自転車を降りて、自分の足で向かうことにした。

 

情報では、こちらが握津公民館らしい、これ以上先に行くことを私の心が拒んだ、この裏手には廃神社もあるらしいけど、あまりリスクを冒したくない、ここでUターンすることにした。ここまで誰一人とも会ってはいない。

 

それ以外に「何か」があることを期待して、脇道などに入ってみたけど、新しい発見はなかった、これは藪がボーボーと生い茂るなか、自転車で突っ込んできた(笑)

ここで限界だった・・・。

 

自転車を降りて、その先に広がる景色を眺める、何もない荒涼な地が広がっているだけだった、厚い雲により閉じられた世界、そのように感じられた。

 

左側にある道へ自転車を走らせると、その木々の向こうには数人の人とその話し声が聞こえた、私は慎重に自転車のペダルを漕ぐことにした。

 

そっと脇から見てみると、田畑が広がっており、農作業をしていることがわかった、移転した人たちがここで農業をしているのだろうか、だぶんそうだろうな・・・と自己完結した。

 

けっこう自転車で周ってみたけど、集落の名残らしきものはなかった、それとも自転車では発見が難しいものなのだろうか。

 

道を突き抜けると、景色は一気に開けて、ゴルフ場が広がっていた、このゴルフ場の先には荒川があり、隣りには入間川が流れる。

 

多くの人がゴルフに興じていた、堤防の内側に広大なゴルフ場が広がっている、不思議だな・・・とそんなことを感じながら自転車を走らせていた。

 

これ以上、この辺りを周っていても、新たな発見はなさそう、指扇駅に戻ろうと思った、帰ってからMAPなどを見て気づいたけど、周りのは庚申塔など、気になるモノがいつくかあった、やはり下調べは大事であり、行き当たりばったりは時として楽しいけど、物足りなさを感じてしまうこともある。

 

少し迷いながらも、土手が見えてきた、少しほっとしたような気持ちになった、人から見れば物見遊山と思われてしまう、そんな後ろめたさがあったかどうか・・・はわからない。

 

土手上のサイクリングロードにきた、ロードバイクたちが通過していく中、ママチャリで佇む私・・・少し異質のような気もするな~と自笑した。

 

自転車を返却して、指扇駅へ、駅前は賑わっておらず、人はまばらだった。

 

ホームには人はいるけど、こちらもまばら、妙に落ち着く駅だ。

空は相変わらず、どんよりとしており、終始晴れることはなかった、堤外地・握津集落を走る時、晴天であってほしいと思っていた、なぜそう思ったのかは、自分でもよくわからなかった。

少し消化不良な気もしたけど、無事終えたことに安堵した。

 

荒川堤外地・握津集落を走ろう! 完