KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

西伊豆ニュー銀水 貴賓室に泊まろう!【第2部】

西伊豆堂ヶ島にあるホテル「ニュー銀水」に泊まっているKIT、

次はお楽しみの夕食です、口コミなどでも評判が良いのでとても楽しみ・・・というか、美味しい食事が出ることは確約済みなのだ、

なぜなら・・・ここは「ニュー銀水」なのだから。

turumigawa915.hatenablog.com

中央は吹き抜けになっており、吊るし雛が垂れ下がっていた。

 

凝ったことやっているな~と感心!

エレベーターはガラス張りになっていて、吊るし雛を見ながらの移動となります。

 

では、これから2階上にある食事会場へ行きます!!

予約時に窓際希望としたが、それは当日の状況によります・・とやんわりとお断りとなったけど、果たしてどうだろうか。

 

西伊豆といえば、最高の夕陽だけど、今の季節はこの限りではない・・・。

 

ニュー銀水は10階建てであり、普通にロビーに入るとすでに7階になるのだ。

 

今日は平日なので、そんなに宿泊客はいないように思える、館内も砂利や石など、色々なところにこだわりがある。

 

端午の節句ももう直か・・・そして吊るし雛、一緒に楽しめるのもニュー銀水か。

 

このフロアは宴会場・料亭メインとなっている、超巨大なホテルです。

 

あの襖の向こうは少し小さめの宴会場になっているのだろう、食事会場の銀華は左に曲がり真っすぐに行ったところだ。

 

9階、オーシャンパレス銀華へ。

食事の時間は予約の段階で選択することになり、私たちは最も早い17:30とした。

 

食事会場前にも吊るし雛がありました。

では、次の楽しみ、夕食の時間です!

 

(食前酒:梅ジュース)

(前菜:クラフトチーズ豆腐、とろろ若布麺、蛍烏賊沖漬け、蓬かるかん焼き、豆とジャコの山椒煮、鶏つくねレモンオイル焼き)

 

(牛ステーキ鉄板焼き)

海のみならず、ステーキも食べれる幸せ(笑)

 

(金目鯛の煮付け)

伊豆に来たら、これは外せないよね!!

 

(伊勢海老の姿造り、本鮪・勘八と日替わり3種の刺身)

どれも驚くほど美味しかった、心の中でニュー銀水サイコーと叫んだよ!(笑)

 

(活け鮑の踊り蒸し)

柔らかくて、美味しかった!!

 

冷水やお茶はセルフサービス、

そして白米や筍ごはんもセルフコーナーの利用となりました。

 

(柚大根、山くらげ南蛮味噌、刻み柴漬け)

これはご飯がススムよ!

 

外は大雨だけど、ガラス1枚隔てて、絶品料理の至福な時間が続く・・このギャップがいいかも?! これがギャップ萌え!!? ※絶対違う

 

(デザート:桜プリン)

 

適度にお腹いっぱいになり、大満足!!

料理の美味しさ、そして量、すべてにおいてマッチしていた、本当によかった!!

 

西伊豆ニュー銀水 貴賓室に泊まろう!【第2部】 完

 

turumigawa915.hatenablog.com