読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

松江の旅 2日目(2016年4月30日)

旅行記

松江の旅も2日目に入りました。

休みの日は目覚めも良い! さぁ、行動開始!!

 

7:45 ホテルを出発

8:00 タイムズレンタカーにて車を借りる

 今回は軽自動車を借りた、本日のドライブは狭い道もあるかもしれないと思い、

ためしに軽自動車を借りたのだ。

 

国道9号をひたすら西へ、9号は宍道湖の真横を走る道であり、視界の片隅で景色を楽しみながらのドライブとなる、

ほどなくすると、有名な温泉地・玉造温泉を通過する、「来侍」という気になる土地もあったが今回はスルーする。

ようやく宍道湖を抜け、少し走った後、進路を北へとり、雲州平田へ向かう。

雲州平田の町並み散策も捨てがたいが、今回はスルーさせていただく。

県道232号、23号と走り、日本海・塩津の町へ向かう。

 

f:id:turumigawa915:20160922114343j:plain

雲州平田からはほとんど車はなく、貸し切り状態となる、道も狭くはなく、安心な田舎の舗装道路である。

遠くに日本海が見えてきた、テンションも上がってくる!!

 

f:id:turumigawa915:20160922114650j:plain

塩津の町、発見。

 

f:id:turumigawa915:20160922114721j:plain

町の反対からもパシャリ。

 

何気ない風景なのだろうが、なぜだかとても心が落ち着く。

時間が止まっているような、穏やかな感覚を感じる。

 

f:id:turumigawa915:20160922115324j:plain

白い船公園 ※気づきにくいが、塩津の町に入る手前にある

KITも行きは見逃した。

 

f:id:turumigawa915:20160922115331j:plain

なぞのモニュメント。(時刻は10:00頃)

 

これが、今回塩津を訪れた目的です、

白い船』(2002年公開)という映画があった、錦織良成監督による島根三部作の一作目である。

その舞台が島根県塩津であり、それを記念して作られたのが白い船公園なのです。

白い船とは、博多・直江津・室蘭を結ぶ九越フェリーが運航していた、

「れいんぼうべる」、「れいんぼうらぶ」(船の名前)の事である。

 ストーリーは、塩津小学校の生徒とれいんぼうべる(らぶ)の船長との心暖まる交流、それを応援する静香先生を含む周りの大人達を描いている感動作です。 

ただ、それだけなのに、自然と涙が溢れてくるそんな作品です。

 

f:id:turumigawa915:20160922120813j:plain

静香先生がとっても美人なのである!!

 

では、松江市内に帰ろう・・・。

f:id:turumigawa915:20160922121141j:plain

途中、コンビニの駐車場から宍道湖をパシャリ。

湖が荒れている・・・、バッシャン、バッシャンと波がぶつかる。

湖水も全体的に茶系であり、お世辞にもキレイとは言えない。(時刻は11:00頃)

 

f:id:turumigawa915:20160922121543j:plain

時間もあるし、玉造温泉方面へハンドルをきる、少しの散策を。

 

f:id:turumigawa915:20160922121717j:plain

名も無き土地、3つの川が交ざる場所  朝酌川、剣先川、大橋川

素晴らしい眺めである!

 

ガイドブックに載っているような観光地もいいけど、こういう何気ない風景に出会えるのが

旅の別の楽しみと思っている。

 

その後、風景を楽しみプラプラして、百貨店で時間をつぶしつつ、本日のホテルへ。

大橋川添いのビジネスホテルへ、そして夜が更けていく。

 

松江の旅2日目終了⇒3日・最終日へ