KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

北陸の旅

北陸新幹線ビュー・ホテルヴィスキオ富山に泊まろう!

今回は富山駅前にあるホテルヴィスキオ富山に泊ってみようと思います、 ここに決めた理由はトレインビュープランがあること、ではレッツホテルステイ!

北陸新幹線ビュー?! ホテルグランビナリオTSURUGAに泊まろう!

今回泊まったのは福井県・敦賀駅前のあるシティーホテル 「グランビナリオTSURUGA」となります、駅前にあることから北陸本線、そして明日開業する北陸新幹線を見ることができるのです! (20241年03月15日)

北陸新幹線延伸開業日、新駅をはしごしよう!

2024年3月16日、北陸新幹線の延伸開業日です、 昨日は北陸特急のラストランに乗り、今朝は北陸新幹線のファーストランに乗ってきた、そしてこれから本日開業したばかりの新駅に乗り降りしながら富山へと向かいます。

敦賀発・北陸新幹線一番列車かがやき502号に乗ろう!

ついにきた3月16日、ダイヤ改正であり、北陸新幹線延伸開業の日!! よし、敦賀発一番列車に乗りに行こう!

北陸特急ラストラン サンダーバード50号に乗ろう!(2-2)

北陸新幹線の延伸開業日の前日・3月15日をもって延伸区間を走る北陸特急サンダーバード、しらさぎが廃止となり、明日からは敦賀発着、米原・名古屋・大阪区間の縮小運行となってしまう、これから大阪行き最後のサンダーバードに乗ってきます!

北陸特急ラストラン サンダーバード50号に乗ろう!(2-1)

北陸新幹線の延伸開業日の前日・3月15日をもって延伸区間を走る北陸特急サンダーバード、しらさぎが廃止となり、明日からは敦賀発着、米原・名古屋・大阪区間の縮小運行となってしまう、これから大阪行き最後のサンダーバードに乗ってきます!

北陸新幹線開業前日、敦賀を歩こう!

今回の旅は北陸三県の旅といいますか、北陸新幹線開業と北陸特急お別れの旅となります、ではスタート!!

北陸特急ラストランの日、金沢から敦賀へ行こう!

ダイヤ改正の前日、金沢にきています、 北陸特急ラストラン、北陸新幹線の初陣、見所たっぷりの北陸へ行こう!

北陸特急ラストランの日、武生駅で降りよう!

3月15日はJRのダイヤ改正の前日、その日に金沢から敦賀へ向かっている最中です・・・。

北陸新幹線延伸開業前日・北陸 金沢へ行こう!

これから向かうのは福井県にある敦賀という都市、 何をしに行くかって? 3月16日はダイヤ改正の日であり、北陸新幹線が金沢から敦賀まで延伸開業する日です、その歴史的な日を現地で祝うために行きます!

「JR線だけを使い直江津から横浜へ帰ろう!」&往復の反省会

『JR線を使わずに太平洋(横浜)から日本海(直江津)へ行こう!』の旅を終えた、 しかし、これだけでは終わることはできない。 『JR線だけを使って直江津から横浜へ帰ろう!』を実行して、 はじめて完全な終了となるのだ。

日本海の港町・新潟・直江津を歩こう!

ちょっとした理由で新潟県・直江津町にきているKIT・・・。 1時間ほどしか、散策できる時間はない、はたして記憶に残る観光ができるのか?

JR線を使わずに太平洋から日本海へ行こう!(第7章 フィナーレ、悲しみと喜びの直江津)

第7章、そして「JR線を使わず、太平洋から日本海へ行こう」の終章です。 ようやく、終わる、いろんな意味で!

富山地方鉄道と立山連峰を見よう!

富山地方鉄道という路線が富山にはある、とても味がある列車たち、どこか懐かしさを感じさせるのだ、しかしノープランではいい写真を撮ることはできない・・・。

立山の特等席・呉羽山展望台に行こう!

富山駅から車で行けば近い展望台、それは呉羽山公園、ここからの景色を眺めて見たかった!

海王丸パークで立山連峰を見よう!

富山県で立山連峰を眺める旅に来ているKIT、果たして・・・。

日本のベニス?! 富山・内川を歩こう!

日本にはベニスがあるという、ベニスとはイタリアの観光地だよね??

富山の海と立山連峰を見よう!

ホテルをチェックアウトしたKIT、これから車で富山の海と立山連峰を見に行こうと思います!

万葉にも詠まれた景勝地・雨晴海岸に行こう!

富山県高岡市・雨晴にきている私、早朝の散策として、雨晴海岸に行くことにした。

雨晴温泉「磯はなび」に泊ろう!

雨晴は富山県高岡市の名所であり、そこから眺める立山連峰は絶景である、その景色を見ることができるだろうか?

北陸・春の四重奏を見に行こう!(前編・北陸新幹線車窓編)

『春の四重奏』・・初めて聞いた言葉だった、確かに気になる景色、気になるなら行ってみよう!

北陸・春の四重奏を見に行こう!(後編)

『春の四重奏』への訪問、2回目です、 四重奏とは、冠雪の山々・桜・菜の花・チューリップが織りなす絶景のことです。

能登旅・あえのことを終えて(2019年12月05日)

無事、あえのことを見ることができて、満足ゲージはマックスとなっている。 和倉温泉駅でレンタカーを返却して、これから本日のホテルへ向かう、 残念ながら、駅から温泉街は遠い、今の体力で行ける距離ではない。

奥能登・あえのことに見よう!【輪島編】(2019年12月05日)

12月5日、奥能登「あえのこと」にきています! 前泊で七尾に入り、万全の体制で臨んでいる。 能登町・合鹿庵、珠洲市・古民家の「あえのこと」を見せて頂いた、 次に向かうのは、3軒目の輪島・三井の里である。 ここでは16時から「あえのこと」神事が行われ…

奥能登・あえのことを見よう!【珠洲編】(2019年12月05日)

奥能登に「あえのこと=田の神まつり」を拝見するために来ている。

奥能登・あえのことを見よう!【能登町編】(2019年12月05日)

「あえのこと」と書いているが、「田の神まつり」という農家も多いという。 年2回、行われるのだが、それにも理由がある。 迎えれば、お送りもする・・・至極当然の流れといっていいだろう・・・。 暮れのあえのこと(12月5日) と 春のあえのこと(2月9日…

奥能登・あえのことを見よう!【七尾編】(2019年12月04日)

とうとう来た、リベンジの時! あれは今年の2月のことだ、厳冬の能登の旅を決行した。 その目的は「あえのこと=田の神様まつり」を見る為だ、この神事だけはずーっと前から見てみたかった。

城端むぎや踊りに行こう!【夜の部】(2019年09月15日)

9月15日、 富山県、城端むぎや祭に来ている。 むぎや祭は9/14・9/15の2日間開催となっている。 むぎや祭というものは以前から知っていたが、これまで来る機会がなかった。 それは心理的壁だったかもしれない。

城端むぎや祭に行こう!【昼の部】(2019年09月15日)

この時期、富山県南砺市城端でむぎや祭が開催される。 富山を代表する民謡行事の一つだ。 2019年は9月14日・15日の2日開催となる。 昨日は由比に行っていた為、むぎや祭2日目の出陣となった。

越中八尾・おわら風の盆に行こう!【2日目昼】(2019年09月02日)

越中八尾・おわら風の盆2日目の中日、私にとっては最終日となる。 NHK情報番組ではおわら風の盆が紹介されていた。 今現在の八尾町の町並みが映る、雨は降っていないが、これから降る予報だ。 おわら風の盆は少しでも雨が降ると中止になる、三味線や胡弓…