KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

東海道新幹線と共に歩こう!【21】(小田原ダイナシティ~酒匂川)

「新幹線と共に歩こう!」の第21回目、小田原ダイナシティから酒匂川を歩きます! はたして、どんな景色を見せてくれるのか?! 

「出発よし!」

東京から小田原ダイナシティまで歩き、今回は10日目となります。

turumigawa915.hatenablog.com

turumigawa915.hatenablog.com

《神奈川県小田原市中里208付近》

小田原ダイナシティで小休憩を終えて、再び歩き出すが、『おや、エレベーターがあるぞ、行ってみよう!』

 

《神奈川県小田原市中里213付近》

とりあえず、高い場所に上がって(笑)、新幹線の通過を待ってみた。

 

《神奈川県小田原市中里213付近》

外にあるエレベーターって、雨の日など心配になる、メンテナンスは大変そう!?

 

《神奈川県小田原市中里270付近》

あのドラックストアを曲がれば、新幹線高架に出るな、ふむふむ。

 

《神奈川県小田原市中里180付近》

似たような景色は、これまでいくつも見てきた、もう少しで見納めとなってしまう。

 

《神奈川県小田原市中里190付近》

このような舗装されていない道は楽しい、近隣の住民以外はこんな道に入ることはないが、新幹線と共に歩く旅なら歩くこととなる。

 

《神奈川県小田原市中里190付近》

この辺りは道がジグザグに新幹線沿いに走り、ちょっと疲れるところ。

しかし、この「振り回され感」も楽しいと思える心が大事!!

 

《神奈川県小田原市中里190付近》

「贈りものにたばこ」時代を感じるね・・・。

 

《神奈川県小田原市中里120付近》

この場合、どちらに行くか一瞬迷うが、迷ったら左ルートへ行こう!(なんとなく)

 

《神奈川県小田原市中里120付近》

ここで歩道は川にぶつかってしまった、いわゆる「行き止まり」だ、一方新幹線は悠々と川を越えていく、当然だけど・・・。

 

《神奈川県小田原市中里120付近》

この川は酒匂堰という、酒匂川とどのような関係があるか、無いかはわからないけど、ここは木々が茂り、日差しを防いでくれるいい遊歩道だった。

 

《神奈川県小田原市中里120付近》

小八幡川親水護岸・手づくり郷土賞とかかれたモニュメントがあった、たしかにきれいに整備されており、ベンチがおかれて街中のオアシスとなっていた。

 

《神奈川県小田原市中里120付近》

酒匂堰の上を新幹線が通過していった、酒匂川は気づきやすいが、車内から酒匂堰に気づくことは至難の業だろう。

 

《神奈川県小田原市鴨宮280付近》

ここでも新幹線が通過、頭の部分のみが見えた、この川は名無き川だったけど、水草に鯉が泳ぎ、とても気持ちよさそうに思えた。

 

《神奈川県小田原市鴨宮340付近》

この道は巡礼街道といい、横断歩道の先には小さな祠がある、方向も違わないので、行ってみよう。

 

《神奈川県小田原市鴨宮309付近》

新幹線高架近くに佇む道祖神、旅の安全を祈願しておこうかな、そして住所は鴨宮に変わっていた、ここから鴨宮駅は約600mほどの距離にある。

 

《神奈川県小田原市鴨宮300付近》

ここから700mほど、このような直線が続く、これで一気にゴールに近づくことができる。

 

《神奈川県小田原市鴨宮230付近》

でもすぐに道が途絶えてしまった・・・。

 

《神奈川県小田原市鴨宮700付近》

これもよくある風景、新幹線高架下にある倉庫、通過する度にシャッターがガタガタと揺れるのだ。

 

《神奈川県小田原市鴨宮700付近》

アップダウンは大事、平坦に道ばかりでは飽きてしまう、しかし一気に新幹線との高低差ができてしまった。

 

《神奈川県小田原市下新田160付近》

鴨宮保守基地が正面に見えた、この地区は右は新幹線、左には東海道線が迫るデルタ地帯となっている、簡単にいうとここで新幹線と東海道が合流する。

 

《神奈川県小田原市下新田160付近》

トンネルが異様に低い、閉塞感がすごい!

 

《神奈川県小田原市下新田160付近》

通過音が聞こえ、振り向きざまに撮影!

何度も書いたが、これは熟練の技だ(笑)

 

《神奈川県小田原市下新田160付近》

新幹線とは少し離れるが仕方がない、東海道線の下をくぐり、向こう側の道へと急ごう。

 

《神奈川県小田原市鴨宮2丁目付近》

少し見えているのは東海道線の防壁であり、新幹線はその向こうに走っている、しかし新幹線側は医療品の工場が広がり、立ち入ることができない、酒匂川へ急ごう。

 

《神奈川県小田原市鴨宮1丁目付近》
神社らしき雰囲気を感じて、引き寄せられた・・。

 

《神奈川県小田原市鴨宮1丁目付近》

こちらは神明神社という、新幹線と共に歩く旅が無事に終わりますように。

 

《神奈川県小田原市鴨宮1丁目付近》

祈願終了! では酒匂川へ!!

 

《神奈川県小田原市南鴨宮1丁目付近》

この雰囲気、向こうは川だ、絶対に!

 

《神奈川県小田原市南鴨宮1丁目付近》

ついに来た、酒匂川、そして新幹線が通過していった!

 

《神奈川県小田原市南鴨宮1丁目付近》

拡大、少しは見やすいかな? 

白い車体は景色に映える!

 

《神奈川県小田原市南鴨宮1丁目付近》

酒匂川は二級河川、といいながらも川幅はそれなりにある、そしてこれを渡らなければならない、その橋は都合よく新幹線の近くにあるわけがない、これはこれまでの経験で知っていることだった。

 

《神奈川県小田原市南鴨宮1丁目付近》

川に沿った遊歩道にはベンチがあり、木による日陰オアシスとなっていた、残念ながら先客がいたので、別の場所で小休憩をとることにした。

 

《神奈川県小田原市南鴨宮1丁目付近》

こちらは東海道線、15両編成であり新幹線には1両及ばないが、それなりに見ごたえはある。

 

《神奈川県小田原市南鴨宮1丁目付近》

木の日陰で水分補給をする、この炎天下を歩き疲れた体に取り込む飲料水は格別!

すっきり後味、カルピスウォーター!!

 

《神奈川県小田原市南鴨宮1丁目付近》

東海道線と新幹線の下を歩いていきます。

 

《神奈川県小田原市南鴨宮1丁目付近》

こちらが新幹線下です!!(笑) ※かなりの堅牢な造り

 

《神奈川県小田原市中新田330付近》

中新田側でも新幹線通過を確認、鉄柱がとても邪魔だけど、実際に新幹線に乗っているとその通り過ぎる影がなんともいえない旅情を演出をしてくれる。

 

《神奈川県小田原市中新田330付近》

ここから橋まで約1.5kmほどもある、ということは折り返して倍となる、え〜。

 

《神奈川県小田原市中新田330付近》

行き止まりにあるベンチ、そして草ボーボーッ、ここで何をしろと??

 

《神奈川県小田原市飯泉880付近》

どんな役割でどのような動きをするのか、全くわからないけど、カッコいい!(笑)

 

《神奈川県小田原市中新田290付近》

ここでまさかの行き止まり・・・あそこをよじ登りたい!

 

《神奈川県小田原市飯泉1130付近》

450mほど迂回をして、飯泉橋までたどり着いた、隣りを走るのは国道255号線だ。

 

《酒匂川・飯泉橋》

橋の長さは400mほどはあるだろうか、これを渡ってしまえば、小田原駅までは約2.5km、30分の距離となる、しかしここはKITの旅日記、寄り道をしてしまうのだ・・。

 

まじまじと酒匂川を見ることはなかったが、意外にも水質はよかった。

 

鴨たちが中州で羽を休めている、かわいい。

 

そして新幹線が通過していった、新幹線なら1分もかからず小田原駅に着く距離。

 

酒匂川を渡河する新幹線。

 

《酒匂川・飯泉橋》

あれは! 小田原城小田原駅ビルではないか?!!

 

画像・・粗!!

 

もう、小田原駅は射程圏内!

次回が最終回です!!

 

東海道新幹線と共に歩こう!【21】(小田原ダイナシティ~酒匂川) 完