読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

敦賀・小浜の旅 2日目(2016年7月24日)

2日目の始まりです。

今日は帰る日でもあり、観光地は1か所のみとした、

「YES、WECAN」の小浜(オバマ)観光である。

f:id:turumigawa915:20160919104523j:plain

本日も晴天である、旅の成功は約束されたようなものだ。

 

f:id:turumigawa915:20160919104549j:plain

敦賀駅、1番ホームで小浜線を待つ。8:15発 小浜駅行に乗車。

約1時間ほどの列車旅となる、車窓からはのどかな風景が次々に広がり、時を忘れさせる。

 

9:18 小浜駅到着

駅を出て、左手・若狭おばま観光案内所に向かう、ここではレンタルサイクルを借りることができます。

観光マップを頂き、散策開始です。

f:id:turumigawa915:20160919105618j:plain

久しぶりの自転車であり、張り切って、一気に海沿いへ。

小浜湾である、小浜湾は左右二つの半島により内海のようになっている、ともて穏やかな海であった。

 

f:id:turumigawa915:20160919105640j:plain

駅から10分ほど走らせると、小浜神社に着く、小浜城址のこのなかにたたずむ。

もちろん、周りに人は無く、KITのみ、日曜日の心静まる参拝である。

 

f:id:turumigawa915:20160919110950j:plain

小浜神社・境内

 

f:id:turumigawa915:20160919110953j:plain

大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」のポスターが・・、懐かしいな。もう5年前ほど前だろうか。

お江は浅井長政お市の間に子・三女であり、浅井は小浜城主でもあった、

江戸時代には京極氏により納められることになる。たしか、江は徳川家光の母でしたよね。

 

f:id:turumigawa915:20160919111456j:plain

階段を登り・・・

 

f:id:turumigawa915:20160919111527j:plain

f:id:turumigawa915:20160919111548j:plain

近くには住宅が建てられてます、目の前が石垣というのも面白い。

 

f:id:turumigawa915:20160919111903j:plain

人の駅と称して、小浜市のゆかりの人物を紹介している。

 

進路を海沿いにとり、小浜駅に少し戻る形で、小浜公園に向かう。

自転車は快適そのもの、道路も適度に車が走り、走りずらさも感じない。

遠回りをしながら、約20分ほどで到着する。

 

f:id:turumigawa915:20160919112249j:plain

小浜公園

名前の通り、右手には砂浜が広がり、多くの観光客が夏を楽しんでいる。

 

f:id:turumigawa915:20160919112256j:plain

公園入口の向かいの一角に散策マップが設置されてます。

周りには、重要伝統的建造物群保存地区があり、古い町並みを見ることができる、

とてもコンパクトで自転車で周るには物足りなさを感じる、ここは歩きで周るのが吉である。

小浜西組という、小浜城の城下町である。

 

f:id:turumigawa915:20160919113006j:plain

f:id:turumigawa915:20160919113031j:plain

f:id:turumigawa915:20160919113048j:plain

観光客もちらほらおり、落ち着いて散策ができる。

海に面した穏やかな良い町並み。

 

f:id:turumigawa915:20160919113321j:plain

ここに来て知ったのだが、NHK連続テレビ小説ちりとてちんの舞台らしい。

ところどころに撮影ポイントの案内があった。

 

次に左に海を見つつ、小浜駅に向かい、舵を取る。

途中に真新しい建物を発見、今年の5月にオープンしたばかりらしいのだが、

明治の芝居小屋も模した観光拠点とのこと。

名所は、まちの駅(旭座) という。

www.obama-machinoeki.net

そこで小休憩をとる、お手洗いをお借りして、のどを潤す為、道を挟んだ自販機に向かう、

「ん?!」

 

f:id:turumigawa915:20160919115801j:plain

大統領、発見!!

このようなところで、小浜大統領にお会いできるとは。

像があるとは事前に知っていたのだが、場所まではわからなかった。

こういう偶然がちょっぴりうれしい・・・。自販機の影に隠れているとは、やりおるな。

ちなみに、ホテル・せくみやさんの横におります。

 

f:id:turumigawa915:20160919120245j:plain

旭座を背に、撮影。 正面自販機後ろに小浜大統領が!

 

f:id:turumigawa915:20160919120258j:plain

小浜市の商店街を走り、駅へ向かう。

地方に行くと同じ光景、シャッター街が多い、昔は賑わっていたのだろう。

 

f:id:turumigawa915:20160919120455j:plain

小浜駅が見えてきた、

観光案内所で自転車を返却、そこでお土産のオバマ・クッキー?(ビスケット?)を購入。

月にどれほど売れるのだろうか? 余計な心配である。

このとき時刻は、11:10であった。

 

以前は、若狭高浜に向かう途中に通り過ぎた町であったが、このようにたくさん楽しませてもらった、

果たしてこういう土地があとどのほど日本にあるのだろうか。

それを探すのも、旅の楽しみでもある。

 

f:id:turumigawa915:20160919121039j:plain

小浜駅・1番線で列車を待つ。

11:58 敦賀駅に乗車、一時間ほどかけて敦賀に戻る。

13:05 敦賀駅到着

 

13:16 敦賀駅発 サンダーバードに乗車

14:09 京都駅着

同じ道を戻っても、芸がないので、行きとは異なるルート(琵琶湖の反対側)を通り、京都に向かう。

※少し運賃も高い

京都では、二条城でもすこし見て帰ろうかと考えていたが、

京都駅に降りて、人の多さに驚いた、祇園祭の期間であり、いつもより多いのだろう。

 

これからこの人ごみに入る気力はなく、駅ナカのお土産屋で手早く買い物をして、早々に帰る決断をした。

ついでにしては、祇園祭は大きすぎる・・・。

 

こうして突発の敦賀・小浜旅行は幕を閉じる、

横浜に着き、心地よい疲れがKITをおそう。

 

敦賀・小浜の旅 ~完~