KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

JR線を使わず、横浜から名古屋に行こう!【その後と振り返り】

f:id:turumigawa915:20191122224900p:plain

「JR線を使わず、横浜から名古屋に行く」という企画だが、

大きなトラブルもなく無事終えることができた。

11月1日(金)7時36分横浜発 

11月2日(土)15時08分名古屋着

という結果に終わった。

 

トータル時間は31時間32分。

1泊しているので、純粋な移動時間とは少し異なる。

 

15時08分に名鉄名古屋駅に到着したKitはJR名古屋駅に向かった。

東海道新幹線で横浜に帰る為だ。


ようやく、目に見えない縛りも解け、JR線に乗ることができる。

 

f:id:turumigawa915:20191108223218j:plain

新幹線・名古屋ホーム。

15時32分発 東京行き のぞみ26号に乗車する。


スマートEXで購入してスマフォをかざしてホームへ。

これから自宅に帰っても、夕飯の時刻に間に合う為、お弁当は買わずにお茶とコーヒー

の最小限の装備にとどめておく。

 

f:id:turumigawa915:20191108223454j:plain

ホーム正面にはJR名古屋高島屋が見える、もうすぐ、新幹線が入線していくる・・・。

これまでの移動中、ちょくちょくと見えていた新幹線、恨めしくも思いながら、

ようやく和解することができた。

 

実は私は、明日も明後日も休みなのだ。

当初は名古屋到着後、名古屋観光でもしようかなと考えていたが、やめた!!

また名古屋からは伊勢志摩、高山、京都・大阪へと何処にでも行ける立地、

せっかくここまで来たのだから温泉にでも・・・と考えるのは至極当然のことかもしれない。

f:id:turumigawa915:20191122225143p:plain


だが、この旅はここで終わらせてはならないのだ。


最後はJR線だけを使い、横浜駅に移動する、

それを実行してこそ、真の旅の終わりとなるのだ。

それに時間が空くのもよくない。

 

f:id:turumigawa915:20191108224042j:plain

名古屋駅到着時刻から5本目の東京行き新幹線で帰る、それは赤福と飲み物を買う時間をとったためだ。

普通車はほぼ満席の為、グリーン車を選択した。

お土産は赤福だけを買い、新幹線に乗り込む!

 

新幹線は名古屋駅を出ると速度をグングン上げていく、

流れる景色の速度に違和感を感じる、あまりに早いのだ、昨日からの速度の倍以上だ。

しかも、音が静かであり、揺れも少ない。

「新幹線ってすごいな!」

子供のような感想を抱いてしまう。

f:id:turumigawa915:20191122225347p:plain

 そんなことを考えていると、

豊橋駅通過中』と車内ディスプレイに流れる、

腕時計を見ると時刻は15時50分、たった18分で豊橋を通過してしまった。

 

f:id:turumigawa915:20191108224447j:plain

新所原駅から大脇バス停まで歩いた時に見た立岩が車窓に現れた。

これまで何度も新幹線に乗ったが、一切気に留めていなかった景色だ・・。

今では、思い出の立岩になった。

ボンとらやも忘れてないよ。

 

f:id:turumigawa915:20191108224720j:plain

そして、浜名湖を通過する新幹線。

JR線なら浜名湖を最短の直線で走り抜けることができるのだが、

JR線を使わないと浜名湖をぐるーッと一周しなければならない。

 

f:id:turumigawa915:20191108224937j:plain

次は掛川駅だ、浜名湖を一瞬で通過して、掛川にせまる新幹線・・・、

16時07分に颯爽と掛川駅を通過していった。

16時18分静岡駅通過、16時31分三島駅通過。

そして小田原駅の通過タイムは・・・16時41分、定刻通りだ、

横浜駅にも定刻停車がほぼ確約された。


これまでの要所を最速で駆逐した新幹線、
そして、あっという間に新横浜駅に到着した。

 

f:id:turumigawa915:20191108225113j:plain

普段なら横浜市営地下鉄に乗るのだが、復路では私鉄には乗らない、乗れない!

そのため、横浜線のホームに向かう、ここから乗るのは何年振りだろうか。

横浜線東神奈川駅に到着した、この列車は根岸線直通・桜木町行きのため、

あと2分ほどで終点・横浜駅に到着する。

外はすでに帳が下り、暗闇の世界、見慣れた横浜の灯りに感慨深いものがこみ上げる、

そして長い旅が終わる寂しさと喜びが同居する、複雑な気持ちになる。

このよくわからない感情も旅の醍醐味の一つだ。

 

f:id:turumigawa915:20191108225217j:plain

17時17分、横浜駅の改札を出た。

ここが復路の終点となる、本当の意味でJR線を使わず、横浜から名古屋に行こう!

を終えることができる。

 

誰からも祝福されない、賛同もされないが、

この達成感は自分にしかわからないものだ。

本来、そんなものでいいはずだ。

f:id:turumigawa915:20191122225745p:plain



復路はJR線のみ利用した、タイムスケジュールを見てみよう。

(1)東海道新幹線
   名古屋駅発15時32分

   ↓
   新横浜駅到着16時55分

 

(2)JR横浜線

   新横浜駅発16時59分

   ↓

   横浜駅着17時12分


新幹線乗車時間・1時間25分
横浜線乗車時間・14分

乗車時間合計・1時間39分だ。

昨日、横浜を出て1時間39分後にはどこにいたんだ?

 

 

 

往路のJR線を使わない場合のタイムスケジュールも振り返ってみよう。

(1)相模鉄道線・快速
横浜駅発7時36分⇒海老名駅着8時13分 (料金:¥314 / 乗車時間:37分)

(2)小田急小田原線・各駅停車
海老名駅発8時21分⇒本厚木駅着8時25分

(料金:下記③と合算 / 乗車時間:4分)

 (3)小田急ロマンスカーはこね号
本厚木駅発8時32分⇒箱根湯本駅着9時21分 

(料金:¥782+特急料金:720円 / 乗車時間:49分)

(4)箱根登山バス
箱根湯本駅バス停発9時43分⇒元箱根港バス停着10時36分
(料金:¥980 / 乗車時間:53分)

(5)東海バス・オレンジシャトル
元箱根港発11時25分⇒三島駅着12時24分
(料金:¥1,030 / 乗車時間:59分)

(6)伊豆箱根鉄道 駿豆線
三島駅発12時29分⇒修善寺着13時04分
(料金:¥520 / 乗車時間:35分)

(7)東海バス
修善寺駅バス停発13時25分⇒土肥港バス停着14時23分
(料金:¥1,380 / 乗車時間:58分)

(8)駿河湾フェリー
土肥港発15時00分⇒清水港着16時10分
(料金:¥2,100 / 乗車時間:70分)

(9)無料シャトルバス
清水港発16時20分⇒しずてつ清水駅(東口)着16時28分
(料金:¥0 / 乗車時間:8分)

(10)静岡鉄道 静岡清水線
新清水駅発16時32分⇒新静岡駅着16時53分
(料金:¥330 / 乗車時間:21分)

(11)しずてつジャストライン特急静岡
新静岡駅バス停発17時40分⇒相良営業所バス停着18時48分
(料金:¥1,270 / 乗車時間:68分)

(12)しずてつジャストライン自主運行・相良浜岡線
相良営業所発18時55分⇒浜岡営業所着19時22分

(料金:¥560 / 乗車時間:27分)

(13)しずてつジャストライン掛川大東浜岡
浜岡営業所発7時41分⇒掛川駅着8時33分
(料金:¥950 / 乗車時間:52分)

(14)天竜浜名湖鉄道【2-1】
掛川駅発8時57分⇒浜名湖佐久米駅着10時35分
(料金:¥1,700(フリー切符) / 乗車時間:98分)

(14)天竜浜名湖鉄道【2-2】
浜名湖佐久米駅発11時31分⇒新所原着12時03分
(料金:上記フリー切符 / 乗車時間:32分)

(15)徒歩
新所原駅発12時20分⇒大脇バス停着12時03分
(料金:¥0 / 乗車時間:32分)

(16)豊鉄バス
大脇バス停発13時15分⇒豊橋着13時50分
(料金:¥520 / 乗車時間:35分)

(17)名鉄本線
豊橋発14時15分⇒名鉄名古屋着15時08分
(料金:¥1,140+ミューチケット360円 / 乗車時間:53分)

 

 

◆往路(JR線を使わない場合)

乗車賃:¥13,576

特急料金:1,080

①運賃合計:¥14,296

②乗車時間:¥13時間11分(徒歩32分含む)

③宿泊代(浜岡):¥4,400

 

◆復路(JR線を使った場合)

乗車賃:

新幹線 スマートEX購入(グリーン車):13,310

横浜線:¥168円

①運賃合計:¥13,478

②乗車時間:1時間39分

 

運賃はほぼ同額だが、

新幹線のグリーン車を使っているので普通席や自由席、さらにはこだま号なら、

新幹線が圧倒的が安いのだ。

それに時間を比較してもその差は圧倒的だ、

JRを使わない場合はトータルで31時間32分かかった、乗車時間でも13時11分にも

及んだ。

一方新幹線は1時間39分で目的地に達することができた。

 

とはいえ、時間が早ければいいというわけではない。

目的により、その見方は変わってくる、

今回のkitの旅は移動を楽しむ・過程を楽しむ旅である、

新幹線であれば、現地に着いてから楽しむ旅であり、

ただの移動手段となってしまう場合が多い、

当然ながら新幹線の車窓もとても楽しい、湖や城や田園風景を高速で走り抜ける爽快感

は新幹線でしか得ることはできない、代え難いものだ。

 

f:id:turumigawa915:20191122230025p:plain

この旅は、万人にはお勧めできないが、

私としては、すっごく楽しかった!! と声高に言っておきたい。

何にも縛られず、行き当たりばったりで、スマフォで経路を調べ、時には緊張する場面

もあったが、経路が『繋がる』ことに喜び、小さな感動しをたりと・・、

暇も感じず、飽きも無く、時間を過ごすことができた。

 

今回の旅で乗り継ぎなどを調べるために、

yahooの乗換案内アプリとバスNAVITIMEを主に使った。

特にバスの乗り継ぎには最大級の効果を発揮してくれた。

 

今後、こんなおもしろい旅と出会えるのだろうか・・・

そんな不安にかられてしまう、それほどよかった・・・でも見つかるさ、きっとね。

 

 

turumigawa915.hatenablog.com

turumigawa915.hatenablog.com

turumigawa915.hatenablog.com

 

JR線を使わず、横浜から名古屋に行こう!

【その後と振り返り】

 f:id:turumigawa915:20191122230742p:plain