KITの気ままな旅日記

旅行の記録を公開していきます ≪過去・現在・未来≫

北陸春祭りの旅②やんさんま祭り編(2018年05月04日)

5月4日・5日の2日間で北陸旅行に来ているKIT、 その続きの旅日記となります。 今回は、4編に分けてアップしていきます。 ①導入・小杉散策編 ②やんさんま祭り編 ←今ここ!! ③城端曳山祭り・宵祭編 ④七尾・青柏祭編

北陸春祭りの旅①導入・小杉散策編(2018年05月04日)

天候の悪く、本日から1泊2日の旅となった。 今日の天気もいつ崩れてもおかしくない、覚悟の上での出発となった。

PT 最高の美少女に会いに行こう!(2018年05月03日)

※注意:画像と富山は関係ありません・・・・。

PT GW前半戦・吾妻山に行ってみよう!(2018年04月30日)

ゴールデンウィークの前半戦、天気がとてもよい! しかしその反動からか、後半戦は大荒れになる可能性が高いのだ。 最近、1週間予報をしきりに見ているが、結果は変わりそうにない。 そして調べているのが、富山県の天気である。 予定では5月3日~5日まで2…

PT 東京競馬場に行こう!(2018年04月29日)

本日は久しぶりに東京競馬場に行った。 当日は天皇賞があり、残念ながら獲ることはできなかった。 レイボーラインは右前肢跛行と診断され、ひとまずはホッとした、 経過観察中となり、1日でも早い快復を待っている。

PT 田子の浦に行こう!(2018年04月22日)

本日メインの「富士山れんげ祭」を終え、これからの行先を考えていた・・・。 「そうだ、田子の浦に行こう!」 田子の浦ゆ うち出でてみれば ま白にぞ 富士の高嶺に 雪は降りける まずはこの和歌を思い出す人が多いだろう、 ご存知、万葉集にて山部赤人が詠…

PT れんげ祭で新幹線を撮影しよう!(2018年04月22日)

この季節、木々や花がとても鮮やかになる、 時期限定の花など、行きたいところも多数あり、迷ってしまう・・・。 ひたちなか海浜公園のネモフィラ、 足利フラワーパークのフジ。 どちらにしようか・・・迷うぜ! そんな中、選んだのが、ここだ! 富士山れん…

PT 金太郎ゆかりの足柄に行こう!(2018年04月21日)

5月GWの予定もあるので、今回は近場に行くことにした。 最近は神奈川県の西端を攻めているので今回は足柄に行くことにした。

犬山祭に行こう【豊川の旅・番外編】(2018年04月08日)

前日の4月7日は豊川市の祭り、うなごうじ祭と風まつりを見た、 本日は横浜に帰る日でもあり、時間は限られている。 午前中を有効に使い、愛知旅行のフィナーレを飾る! 行先は犬山である、今いる豊橋から犬山はそれなりに遠い。 でも行こう!!

豊川の旅【2部:うなごうじ祭編】(2018年04月07日)

ついにきました、うなごうじ祭り!! うなごうじ祭りは通称であり、祭りの最中に寝転がる姿が『うじ虫』に似ていることから、そのように呼ばれるようになったという。 よりによって『うじ虫』である、 なかなかに気になる祭りである。 昔、田舎に遊びに行っ…

豊川の旅【1部:風まつり編】(2018年04月07日)

今回は愛知県豊川市にきている、 先ほどまで牛久保地区にいたのだが、飯田線で隣駅・小坂井駅に来た。 これから向かうのは菟足神社であり、風まつりを見ることが目的である。 菟足神社の戦闘的なウサギだ!! こいつならライオンも倒せそうだぜ!!

豊川・牛久保の祭りに行こう!(2018年04月07日)

今回は1泊2日の旅行である、久しぶりのお泊りだ。 目的は『若葉祭』別名・・『うなごうじ祭』である。 最初は日帰りで行こうと考えていたが、祭りの夜の部も見たいと考え、泊まることした。 しかし現実は厳しく、思ったように事は進まない・・・、 だから…

PT 山北に行こう!【河村城址編】(2018年04月01日)

神奈川県・山北に来て、 洒水の滝・山北駅周辺の桜を楽しみ、最後に河村城址に向かう。 桜の時期の山北の鉄板コースである!!(本当かよ?) ハイキングコースとして、それなりに有名らしいのだが・・・・私は初めて知った。 たしかにハイキング客と多くす…

PT 山北に行こう!【御殿場線と桜編】(2018年04月01日)

山北に行こう!の第2部のスタート。 山北駅近くにて桜を楽しむことが目的である。 洒水の滝からは車で15分前後でいくことができる。 駐車場は、複数あるが山北駅前には看板があるのでそれに従って探そう。

PT 山北に行こう!【洒水の滝編】(2018年04月01日)

今回は山北の桜を見に行くことにした、 神奈川県内であり、高速道路を使えば、1時間少しで行くことができるお手軽プランである。 山北の桜を見る前に、寄り道をすることにした。 寄り道先は、洒水の滝である。 ※「しゃすいのたき」と読みます。 洒水の滝は・…

PT 春の鎌倉に行こう!(2018年03月31日)

鎌倉は何度も言っている定番コースであるが、桜の咲く頃に行った記憶はない。 なら行ったらいいではないか! ということで、今回は春の鎌倉を歩こう!である。 しかし困った・・・・、鎌倉で桜がきれいな場所とは? あまり想い浮かばない・・・じゃあ光明寺…

PT 今年も吾妻山にに行こう!(2018年03月25日)

今年も行ってきた、吾妻山。 昨年4回ほどかな・・・吾妻山に行った。 2018年も行ってみよう!! さくらの満開には少し早いかなと思っていたが、決行だ!! 本日は天気がいい、こんな日は富士山と青空と青い海を見ることができる。

PT 成田空港・さくらの山公園に行こう!(2018年03月24日)

成田空港の近くに、さくらの山公園という場所がある、 滑走路の近くにある為、離着陸をまじかに見ることができる。 そこにちょっと行ってみよう。

PT 彼岸獅子を見に行こう!!(2018年03月21日)

ついに来た、春分の日である! ここまで来ると、春はすぐそこまで来ていると実感ができる。 それにしても、今日は寒かった!! ほんとうに寒かった! しかし、寒さの悪あがきである。 今回は、これまで来たいと温めていた彼岸獅子を見に行く。

PT 事件は湯河原で起きている!(2018年03月18日)

湯河原とは、神奈川県南西部に位置する町である、 お隣りは、もう静岡県・熱海市である。 湯河原は、名の通り「温泉地」であり、 ゆっくりと湯につかり、風情を楽しむことができる場所である。 そんな湯河原を少しだけ歩いてみよう。

PT しとどの窟に行こう!(2018年03月18日)

しとどの窟(しとどのいわや)を知っているだろうか。 源頼朝が隠れてていたと言わている洞窟である。 (左:真鶴のしとどの窟 ・ 右:湯河原のしとどの窟) 1180年石橋山の戦いという源氏(頼朝)と平氏との戦いが今の神奈川県小田原市であった。

PT 大縣神社に行こう!(2018年03月15日)

田縣神社の豊年祭を見るために愛知県小牧市まで来た。 始発の新幹線で来た為、かなりの時間が空いてしまう。豊年祭のメインは12時以降であり、オプションをつけたくなるのは、人の性である。 ※この場合、セイではなく、サガである!

PT 田縣神社・豊年祭で〇〇〇と叫ぼう!(2018年03月15日)

3月15日は木曜日で平日である、だがKITは休みである、 普段は夜間勤務はないのだが、本日は夜勤明けの公休日である。 普段なら、仕事が終わったら、真っ直ぐに自宅に帰り爆睡である、しかしそうはならなかった。 夜間の仕事中、頭の中では常に葛藤があっ…

PT 金沢文庫・運慶展行こう!!(2018年03月11日)

神奈川県立金沢文庫の運慶展が3月11日で最終日となる、 駅のポスターなど見て、かなり気になっていたのだが、 気づけば最終日、これは行くしかない! 金沢文庫とは京急線の駅名と思っており、詳しく知らない人がいるのかもしれない、 北条実時が鎌倉時代中期…

PT 雨の瑞雲寺に行こう!(2018年03月10日)

偕楽園であれば、梅の見ごろは今かもしれない、 しかし神奈川の見ごろは終わっている・・・と思う。 でも、とりあえず、神奈川県曽我に梅を見にいくことにした。 (え? とりあえず??) 今日はもともと雨の予報であったが、寸前で曇りに変わったことも、 …

PT 三浦に河津桜を見に行こう!(2018年03月04日)

河津桜といえば、静岡県の河津町を真っ先にイメージするだろう、 しかし、神奈川県にも河津桜の名所がある、それは三浦海岸である。

舘山寺でうなぎを食べよう!(2018年03月03日)

磐田でしっぺい太郎を参拝を終え、最終目的地に悩んでいた。 最終目的地の候補としては・・・・・、 1つ目は、磐田の隣の浜名湖、しかも横浜からは離れてしまう、 もう1つの候補は御前崎である、御前崎にはなにがあるのか? 海がある!! いやいや、海も目…

悉平太郎(しっぺいたろう)に会いに行こう!(2018年03月03日)

磐田市イメージキャラクター「しっぺい」を知っているだろうか? しっぺいとは、霊犬伝説・悉平太郎(しっぺいたろう)をモチーフにしたキャラクターである。 今回の旅土産として、しっぺい饅頭を購入した。 これから、向かう場所は、しっぺいたろうのゆかり…

掛川城に行こう!(2018年03月03日)

掛川市は、掛川城を中心とした城下町である。 掛川市とは静岡県西部の都市である。 西隣には、袋井市・磐田市・浜松市が続き、愛知県へと続く。 横浜から掛川市へは遠い、車で約2時間30分ほど、 サービスエリアなどの休憩時間を含めれば、3時間以上となる。 …

勿来関から大津港駅への道(2018年02月24日)

福島県・勿来の関から茨城県・大津港駅に行く、 これが最後のミッションである。 その過程で神社や海を見ながら、行くことにする。 このルートはイメージであり、 実際には文学館から直線的に降りれる歩行者専用の道があるのだ。 途中から道路に合流して国道…